ちゅらかじとがちまやぁ

2010年 12月 27日 ( 1 )

CAFE+MORE オウチ。 最高のクリスマスディナー

「食べるクリスマス」と題された「オウチ。」のクリスマスディナー。
こんな素晴らしいディナーは日本でここだけだろう。
去年は福岡に居て行けなかったが、今年は行けた、うれしー。
2008年の様子
b0049152_2332378.jpg

今年は今まで以上にアイデアにんべんの黒川夫妻も全面協力。
フライヤーからメニュー、参加者に配られるお土産やチェックシート入れまでトータルデザインされ、ホール担当としてもしっかり真面目に取り組まれていた。
料理はもちろん、名前のない料理店小島シェフ、そして「オウチ。」のアサコさん、飲み物は同じく「オウチ。」のまこっちゃん。
b0049152_23371054.jpg

b0049152_23402650.jpg
b0049152_23403516.jpg
b0049152_23404396.jpg

まずはアミューズ。
のこぎりガザミのラヴィオリ、自家製からすみ(シイラのからすみ)(小島さん作)
いやいやいや、最初っからやられるなぁ
b0049152_23422966.jpg
b0049152_23423771.jpg

オードヴルはまずはアサコさん作。
トマトのロティと読谷のあずき、玄麦、黒米のマリネード。
添えられた煎餅はトーマミと玄米。トーマミは数千個、一個ずつ薄皮まで剥かれてある。
香ばしくて凄く美味しい。
b0049152_2346597.jpg
b0049152_2347858.jpg
b0049152_23471953.jpg
b0049152_23473369.jpg
b0049152_23474127.jpg

小島さんのオードヴルは、琉球猪のパテアンクルート、ジーマミーのソース、紫キャベツのシュークルート。
パテの中心は鴨のフォアグラ、サイコロ状トリュフも入り、パイの内側の白い部分は猪の背脂。
b0049152_23503345.jpg
b0049152_23504179.jpg
b0049152_2350507.jpg
b0049152_2351011.jpg

アントレはアサコさん。
ほうれん草のスープとカジキとキクイモの入ったちんぬくのクロケット、ヨーグルトクリーム寄せ。
b0049152_2353853.jpg
b0049152_2353179.jpg

添えられたパンは読谷の小麦を使ったもので旨いなぁコレ。
b0049152_2354494.jpg

ポワソンは小島さん担当。
赤マチのプレゼと夜光貝のフリット、読谷かぶのナージュ。
白ネギとその土のソース、夜光貝のジュ寄せ。
b0049152_23563838.jpg

美味しいジンジャーエールをお替り。
b0049152_23571628.jpg

アサコさん、アントレはリースをかたどった野草と香草のサラダ、冬瓜の青レモンジュレ、イーチョーバー風味のルイユがけ。
b0049152_2359309.jpg
b0049152_23594356.jpg

小島さんのビアンド。
野生琉球猪の琉球松ロティール県産コーヒーの実ソース、野菜とトリュフのコンポージション。
b0049152_02126.jpg
b0049152_022378.jpg

ビンの中身は下からカリフラワー、もちきび、トリュフ。
b0049152_031316.jpg

今度のパンは読谷と伊江島の小麦が使われている。フーチバーが少し練り込まれているようだ。
b0049152_042020.jpg

デザートは2種。小島さんのフーチバーとカカオのクレメダンジュ。
アサコさんの白いもとタンカンのキャラメルペーストを伊江島産小麦とジーマミーのガレットでサンドしたモノ。コーヒーの実が添えられている。クリスマスカラーだ。
b0049152_073620.jpg
b0049152_074624.jpg
b0049152_075797.jpg
b0049152_081037.jpg
b0049152_082892.jpg
b0049152_084669.jpg
b0049152_085638.jpg

まだこれから朝方まで片づけが残ってるだろうが、2日間この楽しい美味しい凄いイベントやりきったメンバー。
みんないい顔してるなぁ、また来年も食べられるかなぁ・・・・・・
b0049152_0112794.jpg

b0049152_962879.jpg

本当にお疲れ様でした、そして本当にご馳走様でした。
b0049152_012493.jpg

by tenmorimori | 2010-12-27 00:12 | 名前のない料理店 | Comments(4)