ちゅらかじとがちまやぁ

仲村清司 新潮文庫増刷を祝う会

現在の沖縄ブームの火付け役と言っていい仲村清司さんの本は、新潮社から文庫化されて増刷を重ね、12万部に届こうとしている。
そこで、タカコさんの呼びかけで『「こんなに大勢の仲村清司ファンが新作を待ってるんだから、 さっさと書かんか~い」と言いながら1人ずつ誠さんの背中を ビスィ~ッと叩く会』が、日頃仲村さんと親交の深いメンバーを集めて前島の「酒処はな」を貸し切って開かれた。
誠さんとは、新撰組に心酔する仲村さんの愛称だ。
沖縄在住のメンバーはもとより、内地からも都合をつけて数人が来られた。
前島の住宅街にほとりと灯る「酒処はな」の灯。
b0049152_18352796.jpg

店内では20人近い祝い客で笑顔あふれる宴会。
ごうさんが、言う「甲子園球場の満員で4万数千人、その3杯分の人たちが仲村清司の本を持ってるって凄い事だねぇ」。この分かりやすい例えに、みんな改めてその数字に驚く。
b0049152_18425264.jpg

文庫化された本とその元本。
この日仲村さんの話で初めて知ったが、背中の白い文庫本は初版で、増刷になると作家の好きな色に出来るらしい。写真では青く見えるが、実際は緑色に近い。これが仲村さんの色なのだ。やがて文庫のコーナーで「仲村清司」という個人名の名札が差し込まれるのもそう遠くないかもしれない。
料理はこの日のために「割烹潮(うしお)」のユキヨシくん、はねちゃんが腕を振るう。
ああ見えて(笑)すごい経歴のユキヨシくんが作る本格割烹料理に舌鼓を打つ。
b0049152_18423151.jpg

枝豆の当座煮
b0049152_18481072.jpg

b0049152_18482260.jpg

b0049152_18484455.jpg

戻りガツオのたたき。
b0049152_18491843.jpg

鱧と茄子の揚げ出し
b0049152_1850678.jpg

おしんこは、長いも、キュウリ、茗荷
b0049152_18513618.jpg

しぶいのあんかけ(これはタカコさん作?)
b0049152_18523738.jpg

きめの細かいつみれ
b0049152_1853639.jpg

馬刺し
b0049152_18533231.jpg

はねちゃんの実家の料理はピーマンと昆布、キノコの炒めもの(タカコさん作)
b0049152_18543926.jpg

たてがみ
b0049152_18552219.jpg

なんと、イカの塩辛の炒めもの。これにはたまらずボクも日本酒を舐める。
b0049152_18562345.jpg

途中、仲村さんのスピーチがあり、そのキーワードは「情熱」。半世紀を生きてきた人が語る情熱は重みがあり、こうやって形になって実証されているだけに胸にしみる。
ごうさんから「今度は直木賞だ!」の声があがる。
スピーチの後半、口調が変わりはなの女将である金城家の事にも触れられ、このときはみんなじっと聞き入っていた。
そして仲村先生は最後に言うともなしに言う「次の夢は、この場所でみんなと直木賞受賞の電話を受けることだな」
b0049152_1933714.jpg

そしてみなさんお待ちかねのまつたけ
割烹潮のツートップの手で裂かれて吸い物に
b0049152_1941960.jpg

b0049152_1943695.jpg

b0049152_1952659.jpg

新子、まぐろのづけ、うにのちらし寿司
b0049152_1963642.jpg

b0049152_1965734.jpg

そして、昨夜の誕生会の3人が居るので、タカコさん心づくしのケーキ登場。
b0049152_1981278.jpg

首里のショコラ製の大きなケーキだ。
b0049152_1991797.jpg

デザートは桃のフローズンヨーグルト
b0049152_1995617.jpg

みなさんの笑顔を見ながら、「仲村清司独断と偏見、沖縄とっておきの隠れ家」出版記念パーティーの事を考えていた。思えばあの本がきっかけになって、今のこの集まりが形作られていったんだなぁと、そして出版前からつぶさにその流れを見てこれた事に仲村さんの言うところの「縁は宝だ」という言葉をしみじみと噛みしめるのであった。
江戸っ子の下北Nさんが、カウンターにつっぷして「あぁ、東京に帰りたくねぇなぁ~~~」と言ってたのが印象的だった。
みなさん、本当にありがとうございます。

PHOTO CANON PowerShot G9
by tenmorimori | 2008-08-30 22:28 | 祭り・イベント | Comments(10)
Commented by 仲村清司 at 2008-09-01 19:32 x
ご参加いただき本当にありがとうございました。
みなさんに背中を押していただきました。
もうこうときめたからには銭勘定も星勘定もしません。
一途に目標に向けてひた走っていくだけです。
応援、よろしく御願いします。
Commented by 琉球レッズ at 2008-09-01 19:48 x
会の熱気が伝わって来ました。
私も相方と知り合った当時から、仲村さんの本を読ませて頂き
沖縄を身近に、また深く知ることが出来ました。
新刊、楽しみですね!

Commented by 新潟の食いしん坊 at 2008-09-01 19:51 x
てんもりさんの人徳なんでしょうね。
縁を引き寄せるのは。(お会いしたこと無いけど(笑))
仲村さんの本は私も持っています。
それがきっかけで初めて沖縄に行ったことを思い出します。
Commented by ハチヨコ at 2008-09-01 20:23 x
とても素敵な宴でしたね~。
いやぁ、ホントは縁が薄いハチヨコでしたが~。
ちゃっかり参加させてもらっちゃいました~ん♪
るん♪

お汁とフローズンヨーグルトおかわりしちゃった~☆

素晴らしきパッション☆

ありがとうございました~♪
Commented by shi-sa-to-neko at 2008-09-01 20:37
『旅するキーワード 沖縄』、あれからすぐ購入して通勤時間
に読んでました。一つのキーワードずつ見開き型でしたので
とても読みやすかったです。楽しく読ませていただきました!
仲村清司さん...ネットにあったエピソードを見て、どこかで
読んだ話だなとピンときたのですが、あの新潮社出版の『沖縄なんでも事典』で片降いについてのエッセイを書かれた方
ですね?沖縄に移住しなければ離婚!と奥様に迫られたという...。また読んでみたい本が増えました。
Commented by tantan at 2008-09-01 23:00 x
仲村さんは椎名誠さんの文章丸パクリだからなあ・・・
ひどすぎる・・・。
Commented by tenmorimori at 2008-09-02 00:03
>仲村さま、こちらこそあんな場に居させていただきありがとうございました。「はな」は仲村さんにとってラッキースポットかもしれませんね。
お祝いにあやかれました。今後ともよろしくお願いします。

>琉球レッズさん、一人の作家さんを通して広がって行く輪が面白いですね。

>新潟の食いしん坊さん、ボク以外の人の人徳で楽しませてもらってます。仲村さんの本で沖縄通いが始まった人は多いですね。

>ハチヨコさん、ほんとに気持ちの良い宴でした。
料理も旨かったし、会話も集まった人たちも。
パッションですね!

>shi-sa-to-nekoさん、本の購入ありがとうございます。
手前味噌ですが、良く出来た本ですよね。
今度の来沖で仲村さんに会えればいいですね。

>tantanさん、ボクは「さらば国分寺書店のおばば」からずっと椎名さんの本を読んでますが、言われれば似ている部分もあると思います。しかし、ちゃんと読めばそれぞれの個性があって、「丸パクリ」などという言葉はボクは簡単にはとても使えないです。
これからの仲村清司さんがどの様に変化して行くのか、楽しみでしょうがないのです。
まぁ、いろんな読み方があるんですね。
Commented by こぶた at 2008-09-02 01:30 x
本当にありがとうございました!!
全て、ご協力・ご参加いただいた皆様のお陰です!

私の作は、しぶいとこぶピー(笑)だけですから、
潮の料理と並べられると、とても恥ずかしいのですが…(^^;

私も、ちょうどこの日に、沖縄移住丸1年を迎えました。
何とも不思議で有り難い縁に恵まれて、この1年を過ごさせて頂きました。
これも、兄と仲村さんに結んで頂いた縁から始まったことでしたので
私にとっても感慨深い会になりました。

いろいろ至らない点があったかとは思いますが、
「気持ちの良い宴」と言って頂けただけで幸せです!

ホントにホントにありがとうございました!!
Commented by ユキヨシ at 2008-09-02 14:29 x
皆さん、お疲れ様でした。

珍しくてんもりさんも日本酒舐めてましたな(笑)

ブログ用に写真拝借させていただきます。
Commented by てんもり at 2008-09-02 16:08 x
>こぶたさん、そっかー、1周年やったんやね、言えば良かったのに。
気づかなくてすみません。
計画から実現までがんばりましたねぇ、それにのっかっておかげさまで楽しい宴会になりましたね、お祝ってのはいいもんです。
お疲れ様でした。

>ユキヨシさん、美味しい料理をありがとうございました。
走りの松茸とそろそろシーズン終わり近い鱧が同時に食べられるなんて・・・・
日本酒も旨かったです。
写真はどうぞ使って下さい。