ちゅらかじとがちまやぁ

具志頭(ぐしちゃん)安里の大綱引き

旧島尻郡具志頭村(ぐしかみそん)安里の大綱引きに行ってきた。今は八重瀬町
こういう祭りでボクが一番感動するのは、子供達とお年寄りの生き生きした表情だ。
この祭りはかつては十五夜の夜に開催するのが習わしだったのだが、今は平日開催は難しく日曜日の夜の開催になったという。 会場に着くと旗頭が舞い、棒術・琉球空手の披露があっていた。
b0049152_11152226.jpg

そして大縄。なんと当日の朝から作り始めるという。雨を吸ってずっしり重い。
綱の上には子供達が扮する武将が跨っている。
b0049152_1115427.jpg

東(あがり)と西(いり)に分かれた綱はかぬち棒が入れられた途端に一気に引かれる。
b0049152_11162272.jpg

写真を撮っていると顔中しわだらけのおばぁから「にーにーも入りなさい」と尻を押される。
東に加勢し、思い切り引いていたら、写真の青いシャツのおじさんが、物凄く気合が入っていて、皆を鼓舞する。気合が入りすぎたのか、上の歯の総入れ歯が、かつての伝説のじいさん「エンペラー吉田」のようにガボっとはずれ一気に腰が砕けた。それを見ていたボクの周りの数人も笑いが止まらないが気を取り直してエイサエイサと引きに引く。
1回目は東の勝ち
b0049152_1116489.jpg



生き物のようにうねる大綱

b0049152_11164416.jpg

1回目と2回目の間に、東と西でガーエーが行われた。中学生ぐらいの少年達が指笛と珍妙な手踊りで相手を刺激し、お互いにぶつかり合う。顔は笑っているが結構本気のぶつかり合いだ。
そして2回目はめでたく西の勝利で、今年も豊年満作が保証された。
続いて舞台上では余興に入る。小学生達が低学年・中学年・高学年のグループに分かれて、具志頭村の伝統芸能を踊る。この集落の子供達は小学校で踊り、中学生になると綱引きの参加を許されるのだろう。
b0049152_1117314.jpg

b0049152_11173437.jpg

大きながじゅまるの木に守られてハルサー(農民)の村祭りは続く・・・・・・
b0049152_11175013.jpg



必見!オレンジ色のシャツのわらばーが見事なちょんだらー踊りを踊る。将来が楽しみだ。




PHOTO&MOVIE Caplio GX100
by tenmorimori | 2007-09-30 20:07 | 祭り・イベント | Comments(3)
Commented by nao at 2007-10-02 22:20 x
お久しぶりです。
ブログはいつも楽しく拝見しております。
大綱引きの動画から聞こえる鐘の音がガムランみたいだったり、チョンダラーが踊る時の音楽が予想とは違ってヤマトっぽくなかったり・・・と思わぬ発見があって飽きませぬ。
やっぱ、住まないと分からないことって多いですね。
(11万人集会も仕事と切り離してでも行きたかったですが・・)。
これからもレポート楽しみにしています!
Commented by yanbaru5588 at 2007-10-02 22:30
貴重な画像と動画ありがとう~~
綱引きは行ってみたい、けど毎年予定がかみ合わず 残念です

まだまだ夏ですね~いいなぁ。

教科書の問題も良い方向に進んでくれるといいですね。
Commented by tenmorimori at 2007-10-03 18:49
>naoさん、こんにちは。
旗頭の衣装も中国的で、琉球国はやはり大陸からの影響を色濃く受けて、そして確実に継承されてますね。今の時期、お祭りが多くて忙しいです(笑)確かに住まないとこんな場所までこまめに行けませんよね。
教科書問題は、県民の大きな声で県知事まで動かしてすこしづつ結果が良い方向に向かいつつありますね。

>こうべさん、こういった地区地区の綱引きに行くと、那覇の大綱引きはあまりにメジャーですね。
楽しい祭りでした。
教科書問題は、上に書いたように、今日の夕刊によると文部科学大臣も前向きになってきました。政治介入などと言った言葉で逃げ腰でしたが、過去最大規模の県民大会での県民の声が届いたのでしょう。