ちゅらかじとがちまやぁ

ゲゲゲの旅 最終日

10月29日
大根島のおかあさんに別れを告げ、ワゴン車は産直の市場へ。
ここは境港、蟹はもちろん日本海の魚が異常に安い。しかもどれもこれもきれいだ。
b0049152_9184815.jpg

b0049152_919378.jpg

うぅ・・・このハタなんか、てだこ亭に持ち込んで料理してもらいたいなぁ
b0049152_9191877.jpg

えっ偉いぞ土井商店
b0049152_9202024.jpg

b0049152_9203365.jpg

b0049152_9204794.jpg

ボクの飛行機の時間の関係であまりゆっくりもしてられない。ゆうこさん&だんなちゃんの家で車を乗り換え、途中の道の駅で買い物。そしてお二人とはここでお別れ、本当にありがとうございました。今度、沖縄へ来られたときにはただじゃ済まさないからね。

さあて一路福岡へと思ったが、どうしてもお好み焼きが食べたい。で、宮島で高速を降りる。
もみじ饅頭なんぞをかじって、宮島駅近くのお好み焼きが以前食べて旨かったのでそこで食べようと思ってたが駐車するのが面倒だったので2号線を南下する。しかし国道沿いにはなかなか見つからず、やがて岩国に入るというところで奇跡的に発見。国道とJR山陽本線にはさまれた狭い敷地に小さな小さな店だ。
b0049152_9271238.jpg

カウンター5席ほどのクーラーも無い店。新聞を読んでいた店のおばちゃんが大儀そうに立ち上がり、注文を受けてからきゃべつを刻みだす。
b0049152_9312832.jpg

目の前の鉄板で作られる様子をじっと4人で見つめる。特別に良い材料を使っているわけではないが、旨いんだぁこれが。
b0049152_9314369.jpg

これで今回の遠足もお終い。
だんなちゃんの運転で居眠りしながら回った島根は、なぜかしっとりと水を感じる旅だった。
山“陰”、“裏”日本などと、ネガティブなイメージで語られる事が多いが、こんなに懐が深く、古き良き文化がリアルに残っている、そして暖かい人たちが生活している土地とは思わなかった。
またひとつ日本の中で何度も訪れたいところが増えた。
by tenmorimori | 2006-11-11 09:36 | 祭り・イベント | Comments(2)
Commented by だんなちゃん at 2006-11-12 22:17 x
僕らと別れた後こんな美味しいことしてたなんて
大人って、大人って・・・
広島風ならわしが焼いちゃる。
食いに来んか~い。
それとも焼きに行っちゃろかぁ(^_^)v
Commented by tenmorimori at 2006-11-14 19:34
ふふふ、油断しないでねぇ(笑)