ちゅらかじとがちまやぁ

ゲゲゲの旅 2日目の2

10月28日夜~29日朝
ゆうこさんの実家は大根島というところに在る。宍道湖には日本海から境港の水道を抜け、この大根島が浮かぶ中海に一旦流れ込んでから海水が流れ込む。鳥取県である境港から大きな橋を渡って、島根県であるこの島に渡るのだ。
b0049152_1952523.jpg

ボクは実は、今夜が一番楽しみだった、そしてそれは間違ってなかった。
水産会社に勤めるゆうこさんの弟さんから差し入れの紅ずわい蟹を受け取り、その他の材料を買い込んでから大根島へ渡る。
おかあさんの家へ着くと、刺身とうなぎが準備されていた。刺身は旬の白いかがねっとりと甘く旨い。鯛と鯵のたたきも盛られている。うなぎは「ぜんじろう」という地元の店で焼かれたもの。ゆうこさんによるとぜんじろうさんは病気の為うなぎが焼けなくなり、しばらく休業をされていたらしいが、奥さんがその技を受け継ぎ今では食べられるようになったらしい。身のしっかりした肉厚のうなぎは皮も旨く、焼き加減がもう最高で、わが人生最高ランクに入るようなうなぎの蒲焼だった。これを書いているいまでも唾が湧いてきて困る。
b0049152_2012636.jpg

b0049152_2014242.jpg

まずは蟹“だけ”鍋
b0049152_19543086.jpg

この蟹は出汁が出るは出るは、出汁が出たあとも身にはしっかり旨みが残っている。開始30分くらいは黙々と食べる、食べても食べても無くならない蟹天国。てん子は蟹の汁で指先がふやけてしまっている。殻を一番積んだのもてん子。
b0049152_2041472.jpg

ひとしきり蟹を食べたら野菜、厚揚げ(これがまた旨い)、豆腐なんかを入れて食べ進む。蟹出汁が凄いのなんの。
b0049152_209521.jpg

焼き蟹も次々と出てくる
b0049152_2055983.jpg

そしてサプライズがこれ!
b0049152_20102240.jpg

巨大稲荷寿司に見えるが、実は「いただき」という郷土料理。地元特産の薄揚げの中に生米と椎茸、ごぼうなどを詰め、だし汁で炊きあげたもの。見た目が山の頂(いただき)に似ているから「いただき」。なんともほのぼのとしたネーミング。
農作業の弁当として食べられていたのだろうか。中はこんな風。これはどぅわい好き!もともと稲荷寿司や炊き込みご飯が大好きなので、これはボクのツボにメガヒットした。おかあさん、美味しいよぉ(嬉泣)
b0049152_20124720.jpg

この家は古い農家の作りで、今はおかあさん一人暮らし。天井は無垢の板張り、昔は土間であったろう場所に床が作られ台所になっている。松材の梁も大きい。酔ったJ子は物凄く興味をしめし、初めてお邪魔した家なのに一部屋一部屋見て回るという狼藉ぶり、屋根裏まで覗いて回る。それをにこにこと見守るおかあさん、J子は台所のテーブルにつき、おかあさんと話し始める。筑後弁と島根弁だがなんとなく通じているようだ。
初対面の我々に、ここまで心づくしの接待をしてくれたゆうこさん、だんなちゃん、そして大根島のおかあさんに感謝感謝。本当に気持ちの良い、そして心休まる夜だった。
静かな夜が明け(J子はうるさかったらしいが)、散歩に出る。実に静かな集落である。いいなぁ、にっぽんの田舎
b0049152_20244835.jpg

b0049152_2025582.jpg

家に戻ると朝食が仕度されている。カレイの干物、梅干、大根おろし、宍道湖の大型しじみ汁、卵、海苔、そして前夜の残り汁で作った蟹雑炊。トッピングはだんなちゃんが残った蟹を丁寧にほぐしてくれた蟹肉。そして「ぜんじろう」のうな丼。これ以上のぜいたくな朝飯はあるfだろうか。
b0049152_20274762.jpg

b0049152_2028456.jpg

b0049152_20281934.jpg

b0049152_20283672.jpg

食後、うらうらと陽の差し込む縁側でしばしまったりと過ごし、名残惜しいが出発。おかあさんは駐車場まで見送ってくれた。また来たいなぁ、ありがとうさようなら。
b0049152_2032077.jpg

せっかくの地元のお菓子、食べ損なってごめんなさい。
by tenmorimori | 2006-11-09 20:06 | 祭り・イベント | Comments(9)
Commented by n-sakanaya at 2006-11-09 21:59
こんばんは!さかなやです。


てんもりさん、素敵な日々を!
蟹天国!も鱈腹.......羨ましいです;涙

朝食も凄い!カレイ!もしかしたら「笹カレイ!?ヤナギカレイ!?」ですか!
こちらでは、高級ですよ!

そんな私、朝食.......おかわり3杯はしてしまいそうです;汗
てんもりさん、素敵なお写真!有難うございました!
(ゲゲゲの鬼太郎.......何気に好きです;水木さん最高!)
Commented by さとし at 2006-11-10 13:29 x
いや〜いい旅ですねぇ。やっぱりこういう記事を拝見すると
日本人でよかった!と思います。
数々の料理の旨そうなこと旨そうなこと。
「水木しげるロード」の画像をうちの娘が見たら
絶対に行きたいと言い出すでしょうね。
「妖怪汁」以下、一連のドリンクは、以前通販で娘が買っていました。
もちろん、僕も水木しげるにはハマッたクチで
友人達の作る「鬼太郎ファン」の同人誌にも参加したことがあるんです。

それにしても…
てんもりさんの恋した女性が気になります(笑)
Commented by ゆうこ at 2006-11-11 00:31 x
横から失礼します。
さとしさん、てんもりさんの恋した女性、じつはわたしなのっ!(大嘘)
じゃなくて…さとしさんもご家族で山陰へいらっしゃ~い♪
Commented by tenmorimori at 2006-11-11 11:28
>さかなやさん、これから冬に向かい、ますます魚が旨くなるんでしょうねぇ、いやぁ~山陰は期待以上でした、おもてなしに感謝です。

>さとしさん、やっぱりにっぽんはいいですね。料理も自然も
水木しげるロードはとにかく楽しい、子供の心に帰る事間違い無しです。
ボクらはもろに鬼太郎の世代ですからね。娘さんよりさとしさんが夢中になると思いますよ(笑)
ゆうこさん、さとしさん、ボクは一日一回は恋に落ちます(苦笑)
Commented by しーぽん at 2006-11-14 01:23 x
しばらく島根に帰ってなかったんで ゆっくり旅日記見せてもらいました♪
う~ん 懐かしい!
境港にもダンナは勤務してたんで めちゃくちゃ懐かしいです!
朝の焼きカレイにしじみ汁 涙チョチョギレ♪
あーー食べに帰りたいなぁ~
Commented by tenmorimori at 2006-11-14 19:48
正直、こんなにいいところだとは思っていませんでした。
すでに懐かしく、また行きたいと思ってますよ。
実家に付き添いましょうか?(笑)
Commented by ゆうこ at 2006-11-15 00:43 x
>正直、こんなにいいところだとは思っていませんでした。
だけん、わたしの愛のなせる業だってばー(笑)。

しーぽんさん、里心つきました?
里帰りの際にはぜひ、てんもりさんもお誘いください!
西部のほうはまだご案内していないのです。次回はぜひ!とはおもっておりますが。
Commented by しーぽん at 2006-11-15 01:29 x
てんもりさん 島根って なーんもないって思ってたでしょ?(笑)
来年には たぶん たぶんだけど
石見銀山が世界遺産になるらしいので?ぜひ!
鳴き砂や砂時計も・・・
ゆうこさん てんもり組のご案内よろしく頼みましたよ~♪
Commented by tenmorimori at 2006-11-16 22:24
ですねー、温泉津温泉街も世界遺産に登録されそうですね。