ちゅらかじとがちまやぁ

ゲゲゲの旅 2日目の1 松江から境港

10月28日宍道湖の朝から始まる。
b0049152_18491326.jpg

松江城へ。この城は戦災にも遭わず、創建当時のまま残っている貴重な城だ。
b0049152_18492775.jpg

見事な軒のラインの連続性。コンクリートで復元された多くの城とは歴然と違う風格が漂う。
b0049152_1849404.jpg

武家屋敷街を散策。小泉八雲邸に立ち寄る。小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)はなんといっても「怪談」である。以前書いたが、小学校低学年のときに「二十四の瞳」と一緒に母親から買ってもらった1冊である。これも何度も何度も繰り返し読んだものだ。
この家もやはりこじんまりとした作りで、妙に落ち着く。つくづく日本の文化っていいなぁと感じる。
b0049152_18495422.jpg

旧家の軒の作りも面白い。
b0049152_18501123.jpg

縁結びの神社。詳しくはてん子satoyanのブログで。縁結びはどうでも良かったが、中央で携帯カメラを構えている女性に少し恋をした、すぐに終わったけど。
b0049152_18502522.jpg

どーだぁの足立美術館の日本庭園。確かに凄いが、きっちりしすぎて侘び寂びが足りないなぁ、外人さんには受けるだろうけど。現に海外の評価で数年連続して日本一の庭園の称号が与えられている。ボクはやはり、京都あたりの古寺の小さな庭の方が好きだ。
横山大観や魯山人の作品は流石の迫力。こういったボクらでも知ってる人の作品は、玄人が見て凄い部分もあるだろうが、素人が見て分かりやすいという部分も兼ね備えていると思った。
足立美術館の隣は安来節の記念館だった。どじょうすくいってここが本場とは知らなかった。
b0049152_1851149.jpg

だんなちゃん&ゆうこさんお勧めの魚山亭の海鮮丼。新鮮魚介のもちろん旨いが、酢飯の具合が真によろしい。客が引きもきらず入っていた。
b0049152_18511642.jpg

さあて、境港と言えばここ!水木しげるロード。
水木しげるの描いた妖怪達が3次元で復元され、実に生き生きとした造形の銅像が2kmに亘って並んでいる。ここは本当に楽しかった。
妖怪ぬらりひょん
b0049152_18513072.jpg

今にも走り出しそうなおばけ草履
b0049152_18514260.jpg

すねこすり
b0049152_18515766.jpg

食べ物、飲み物、お土産・・・・鬼太郎づくし
b0049152_18523655.jpg

b0049152_185309.jpg

b0049152_18531546.jpg

b0049152_1853295.jpg

b0049152_18534413.jpg

b0049152_18535922.jpg

b0049152_18541730.jpg

地味だが、個人的に一番好きだった小さな一反木綿
b0049152_1855245.jpg

メフィストと悪魔くん
b0049152_18554089.jpg

のんのんばぁと幼い水木しげる
b0049152_18555432.jpg

いつも驚いているサラリーマン田中さん
b0049152_1856761.jpg

涙が出るほど懐かしい店構え。
b0049152_18562317.jpg

店内には量り菓子が入れられていたであろうブリキのショーケース
b0049152_18563782.jpg

砂かけばばぁ
b0049152_1857326.jpg

子泣きじじぃ
b0049152_18593397.jpg

悪魔くんの百目
b0049152_18594872.jpg

この後、温泉に入って腹も減ってきた、さあ買出しをして大根島のおかあさんに合いに行こう!
by tenmorimori | 2006-11-09 18:57 | 祭り・イベント | Comments(0)