ちゅらかじとがちまやぁ

十五夜の月夜は“ふちゃぎ”を食べる

今夜は旧暦八月十五日、満月である。内地では月見だんごだが、沖縄では「ふちゃぎ」というお菓子が一般的。この時期は餅屋さんだけでなく、スーパーや個人商店でもたくさん売られている。「ふちゃぎ」とは餅のまわりに煮た小豆を付着させたお菓子で、もともとは砂糖は使わず餅も小豆も甘くない。甘くしたものは「甘ふちゃぎ」として区別してある。
ボクは甘くない方が好きだが、写真はスーパーで買った甘ふちゃぎ。小豆に照りがあるので甘いと分かる。
b0049152_10564085.jpg

by tenmorimori | 2006-10-06 21:51 | 祭り・イベント | Comments(0)