ちゅらかじとがちまやぁ

ぐぅーし小~島や宝コンサート

昼飯はぐぅーし小へ。今日のは凄みを感じるほど旨い。同行した福岡からのお客さんは、沈黙して食べ終え、一言「ここのは旨いねぇ」
b0049152_22183651.jpg

夜は「島や宝コンサート」宮本亜門さんの呼びかけに、沖縄の芸能人やミュージシャン、民謡界の重鎮がノーギャラで集まった。圧巻は後半。平良とみさんの朗読から古謝美佐子さんの唄。そしてアルベルトと嘉数小学校のジョイントによる唄。島をきれいなまま孫子に受け継ごうという意志が胸に迫る。
b0049152_22191665.jpg

会場は宜野湾のコンベンションセンター。2000人ほど入る会場は満員で立ち見もでるほど。コンサートの冒頭、幕が開いて驚いた。ステージの後ろ側は大きな窓になっていて、外の風景が見えるのだ。夕焼けだったらさぞかしきれいだったろう。
b0049152_22193155.jpg

終了後、大戸屋でてだシェフと遅い晩飯。
b0049152_22195172.jpg

by tenmorimori | 2006-03-22 22:17 | 沖縄すばDay By Day | Comments(2)
Commented by しーぽん at 2006-03-26 22:28 x
てんもりさんもコンサート行ったんですね!
わたしも仕事終わってから 吹っ飛ばしてなんとか2曲目から
間に合いました。

よかったですね~ 鬼の目に涙状態でラスト見てました。
アルベルトの「風の道」はサイコーです♪
Commented by tenmorimori at 2006-03-27 11:38
こんなに“気持ち”が伝わってくるコンサートは始めてでした。
しーぽんさんは4月の「海楽」には来られないんですか?