ちゅらかじとがちまやぁ

恐るべき“八重”のスープ

最近、さとうきびの刈り取りが本格化してこんな大型ダンプが走り回っている。製糖工場に持ち込むためだ。撮影したのは名護の58号線だが、田舎の方ではこの3倍近くてんこ盛りに積んで走っている。
b0049152_22203089.jpg

名護の飲み屋街に八重食堂は在る。昼は今年初めての八重のそばを食う。
b0049152_22194193.jpg

ソーキの小400円を注文。いつもの様にやかんからたっぷりとスープを注ぐ。一見フェトチーネの様な平たい麺が実に旨そう。しみじみと暖まる。
b0049152_2219566.jpg

そして、八重食堂のハイライト。そばを全て食べた後にスープのみを味わうと、麺や肉の雑味が混じらないとこんなに違うの!?と言うくらい純粋なスープの味は旨い。豚、昆布、鰹節・・・これは旨みの十二単衣やぁ~~~(またまた彦麻呂調)
b0049152_22201297.jpg


八重食堂
沖縄県名護市城1-9-3
0980-52-3286
11:00-19:00売り切れ仕舞い
火曜休
Pなし
by tenmorimori | 2006-01-26 22:31 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)