ちゅらかじとがちまやぁ

夢の舎再び  スノーケリング

あさぁ目ぇー覚ますと天気がええ・・・枝雀さんの「住吉かご」の一節。天気がいいので今年最初のスノーケリングに行こう。で、瀬底島に行く事にした。なんで瀬底島かと言うと本部だからだ。
昨日のブログをアップしていて気持ちは固まっていた。夢の舎のひやそばを食うのだ。
今日は縁側の席に座る。店に入るとすぐにカナブンが胸元に飛んでくる。すぐ横には大きなガジュマルの木が茂り、蝶が飛びまわっている。
b0049152_20412048.jpg

冷そばにはゆばの煮付け、高野豆腐、おからとそばの具材が別皿で付いてくる。
b0049152_2041353.jpg

海ぶどうが乗せられた瑞々しいそば。
b0049152_20414795.jpg

冷たいそばが唇を心地よく刺激して滑り込んでいく。平たい麺は思った通りこし良く旨い。
b0049152_20415977.jpg

満足満足、ここまで来たかいがある。
午後は瀬底島へ渡りしばしスノーケリング。ここは砂が多いので魚影はそんなに濃くはないが、水は流石にきれいでゆったり海中を見て周る。波にまかせてプカプカ浮いているとストレスが溶けていくようだ。
b0049152_20421118.jpg

海から上がり昼寝をして目が覚めると夕方になっていた。紀乃川の様子を見に行くと、お父さん、お母さん、親戚の方々がおられた。中々準備が進まないようだが、いまのところ7月16日オープンを予定しているとの事。わたを取ったゴーヤとパッションフルーツを頂いて帰る。ありがとうございました。
紀乃川がある健堅地区は古い町並みだ。こんな風景もある。
b0049152_2042258.jpg

by tenmorimori | 2005-07-03 21:02 | 沖縄すばDay By Day | Comments(3)
Commented by ゆうこ at 2005-07-03 22:20 x
ひやそばって、どんなんだろう。あつあつの汁そばか焼そばしかたべたことがないので、想像が膨らみます。

家に生すばのストック(冷凍保存しておいたもの)がなくなって久しくなった夫(ほとんど中毒患者)は、昨日のブランチにインスタント沖縄そばを食べたらしいです。あ~、わたしも夜食に食べようかなぁ。
インスタントすばは、明星よりマルちゃんのほうがうまい♪とおもいます。けっこういけますよ。
Commented by daisuke at 2005-07-03 22:30 x
夢の舎ですね 以前別のページで見つけまして狙ってました。次回は昼夢の舎、夜紀ノ川 テント張ってそこらへんで寝るのコースを取りたいと思います。http://www.itoman.info/php/spot/0457/gorira.gif
本部ですとこちらのポイントが有名です。有名すぎてダイバーが多すぎるのでシューノケリングをされるなら、地図の場所から東に100メートルほど行ったところに車一台分止めるスペースがあるのでどこから10メートルほど行ったところに海に降りられる人工の崖みたいな場所があります。そこからエントリーしてまっすぐ行くと良いシュノーケルポイントになります。そこまで人はほとんどこないのでお勧めです。ちなみにウニ、シャコ貝が腐るほどいますのでゆっくり鑑賞してください。(笑 注意事項はエントリーから先に進むとものすごく浅いリーフになりもう少し行くと水深15メートルほどの砂地にでます。大潮、中潮の干潮時には浅いリーフでまかれるかもしれませんので気をつけて下さい。風的には北東風でも入れる救世主的なポイントです。またコメント長すぎですね。すみません。
Commented by てんもり at 2005-07-04 09:10 x
ひやそばって製麺所の麺では美味しくないかもしれませんね。手打ち麺の店が増えてきているので次回は食べてみてください。夢の舎は木灰そばなのでほんのり独特の風味があります。旨いですよ(笑)
daisukeさん、これまた詳細な案内ありがとうございます。>テント張ってそこらへんで寝る・・・いいですね
瀬底島は橋のすぐ下でエントリーしたんですが、こんなところにも生きた珊瑚が見られました。中には表面に卵をいっぱいつけたやつも居ました。
でも、小さな珊瑚のうえに石や硝子片を明らかに人為的に被せられたものもあってがっかりです。バカな奴はどこにでも居ますね。もちろんきれいにはずしてやりました。昨日はイカも見られました。こちらを見て砂とそっくりに色を変え、胴には突起を出して足を全部こっちに向けて威嚇してました。2本の触手を持ち上げて臨戦態勢をとるのが可愛かったです。