ちゅらかじとがちまやぁ

かわ屋 警固店

所用で日帰り福岡。
かわ屋に電話してみたら5時からおひとり様で予約が取れた。さっと食べて店を出れば飛行機に間に合う。
カウンターに座ると焼き台が目の前。焼き方さんが凄い集中力でとり皮を仕上げていくのを見ながら食べられる特等席。
六日間かけて焼きを繰り返される皮は、仕上げの焼きの段階でも結構な脂がしたたり落ちる。
かわ10本とバラ(豚バラ)4本、サガリ(ハラミ)1本を注文。
本来ならば福岡かの焼き鳥のエースであるバラとサガリを脇役に据える贅沢。
かわは焼き立てを食べてもらうため5本ずつ出される。
b0049152_18154972.jpg
鶏の首の皮を串に刺しながら巻き付け、焼いては休みを六日間かけて繰り返され、最後にひと焼きして完成。
カリッカリのプリップリ。
バラ。間に挟まれたたまねぎが旨い。
b0049152_18154998.jpg
サガリは人気なので早めに売り切れる。
b0049152_18154910.jpg
かわ110円、バラ110円、サガリ200円、安くて美味しい。
会計をお願いすると鶏スープが無料サービス。
b0049152_18155058.jpg
かわ屋は予約をして行きましょう。この日も次々に予約なしのお客さんが断られていた。
b0049152_18155042.jpg


by tenmorimori | 2018-01-11 18:21 | 博多んモン | Comments(0)