ちゅらかじとがちまやぁ

上野 国立西洋美術館 アルチンボルド展


日曜の朝、ホテルでNHKEテレの日曜美術館を見ていたらアルチンボルドの特集をやっていたので夢中で見た。
ハプスブルグ家の宮廷画家であり、今でいう巨大イベントの総合プロデューサー・デザイナーみたいな仕事もやっていたらしい。
様々な自然物、木・草花・果物・野菜・魚類・獣類等々で描かれるだまし絵の様な肖像画が有名で、連作「四季(春・夏・秋・冬)」、「四大元素(空気・水・火・土)」が一度に観られるなんて!
上野の国立西洋美術館(ル・コルビュジェ設計で世界遺産登録)で展覧会が開催されているので千載一遇のチャンス!
ポスターは80種類の花で描かれた「春」。
b0049152_17591953.jpg
展示室前室の巨大な「冬」は老木で描かれている。
b0049152_17593401.jpg
日曜の割に思ったより人は少なく、じっくりと近くで見るアルチンボルドの原画にただただ圧倒される。
アルチンボルドメイカーが無料で試されるので、30分ほど行列に並んでやってみた(ひとりでやって自撮りしてるのはボクぐらいだった(笑)
ディスプレイの上部にカメラが仕込まれ、前に立った人の顔を認識して野菜や果物でアルチンボルド風に合成してくれる。
並んでいる間に見ていたが、似てる似てないの差が結構あって果たして自分はどうなのか?
思ったより似てた(笑)
b0049152_17593439.jpg
そして流石国立西洋美術館。
常設展の展示も半端ない。
吹き抜けのホールがコルビュジェっぽい。
b0049152_17592046.jpg
b0049152_17592193.jpg
b0049152_17592096.jpg
b0049152_17592102.jpg
常設展は撮影禁止のサインが有る作品以外はフラッシュを使わなければ撮影可。
松方コレクションって凄いんだなぁ。
モネの原画なんて初めて見た。しかもすぐ近くでじっくり見られるから細かな筆使いもつぶさに見てとれる。
b0049152_17592248.jpg
b0049152_17592273.jpg
b0049152_17592161.jpg
b0049152_17592354.jpg
いやぁ~~~、面白かった、興奮したなー、上野駅のこんな鳩除けがつけまつげに見えるのもアルチンボルドを見た影響か?(笑)
b0049152_17593424.jpg
9月まで開催してるので機会が有ったらまた来たいな。
日曜美術館アルチンボルドは16日日曜日午後8時から再放送有ります。

by tenmorimori | 2017-07-13 18:21 | 祭り・イベント | Comments(6)
Commented by cana_mimican at 2017-07-14 10:27
アルチンボルド展、興味深いです。
確かに見終わった後に色々と別の物に見えてきそうですね、笑
最期の一枚なんて、まさに!

西洋美術館、懐かしいです。
以前知り合いが関係者でチケットをよく貰っておりました。
Commented by tenmorimori at 2017-07-14 21:05
さすがに東京はこういったアカデミックな機会が多いですよね。アルチンボルドも常設作品も建物も大興奮でした。
また行きたかー!
Commented by サト at 2017-07-14 21:28 x
ご無沙汰しております。(覚えてますか?)
都内にいらっしゃってたんですね。
現在、美術館関係の仕事に少し携わってます。興味深いです。
Commented by tenmorimori at 2017-07-15 06:33
おー!サトさん、お久しぶりです覚えてますとも。ター滝のリバートレッキング楽しかったですねー(^。^)
美術関係、そうなんですか。沖縄には来られてますか?
コメントありがとうございます😊
Commented by desire_san at 2017-07-21 15:18
こんにちは、
私もアルチンボルド展を鑑賞してきましたので、ブログを興味深く配券しました。アルチンボルドが、野菜、魚介類なと様々な自然の生き物や人工物などを組み合わせて様々な奇怪な顔の絵をたくさん描いて、絵を見ている私たちも楽しませてもらいました。特にアルチンボルドの『水』では62種の魚類や海獣などの水に関連する生き物が描きこまれていて、以前ウィーン美術史美術館でこの絵を観た時の衝撃を思い出しました。

アルチンボルドの絵ばかり見ていると、彼の不思議な世界に取り込まれて冷静に作品を見ることができなくなると思い、アルチンボルドの傑作『水』がウィーン美術史美術館の中でどのように展示されていたかを見て頂き、ウィーン美術史美術館の美術史に残る多くの傑作の中で、アルチンボルドの美術史的位置づけを考えてみました。ウィーン美術史美術館の傑作群を見て頂き、ご参考になれば幸いです。


Commented by tenmorimori at 2017-07-24 16:10
こんにちは、NHKの番組でも取り上げられてましたが「水」の生物たちの執拗に書き込まれた目が印象的でした。
四大元素と四季を日本で一度に観られるなんてなんて贅沢なんでしょうね。あと印象に残ったのはなにかの大きなイベントのためのコスチュームや会場のデザイン画でした。
ヨーロッパの美術館の質と量には圧倒されますね。