ちゅらかじとがちまやぁ

誠平~胃袋~ひばり屋 女たちの潮干狩り または男性禁漁区

誠平の金井さん夫婦、胃袋の麻子さん、ひばり屋のさちこさんが数年前から温めていた企画「潮干狩り」が2017年初頭に実現した。
なぜ潮干狩りか?数年前のその時に朝方まで飲んだ4人にしかわからない。
1月15日に胃袋で、そして1週間後の22日にAtelier cafe bar 誠平
ボクは22日の誠平に申し込んで見事当選!福岡出張からの帰りの便を早めて、いざ今帰仁へ!
会場に着くと、奇才金井エリさんの石板の様なケーキに目は釘付け。
b0049152_18324200.jpg
潮干狩り。やんばるのビーチに模したディスプレイは、わざわざクッキーを焼いて砕いた砂浜にコーラルに見立てたグラノーラ、貝の様なマドレーヌが配されている。
そしてきれいな海は瀬底島の蝶豆で色づけされたゼリー。
b0049152_18325672.jpg
出席者はそれこそ潮干狩りの様に好きに貝(マドレーヌ)を拾う。
b0049152_18330919.jpg
亮輔さんは、この時のための試飲でややヘロヘロ(笑)
b0049152_18332403.jpg
b0049152_18333988.jpg
ノンアルコールのボクにはスペシャルコーディアル、お替り自由!
b0049152_18335378.jpg
食前酒は誠平開店の頃から漬け込まれたスペシャルな酒。
b0049152_18341182.jpg
ひときわ緑が鮮やかな一皿目。
こんな明るい状況で麻子さんの料理が見られるのでドキドキだ。
b0049152_18342784.jpg
新えんどう豆と、スナップえんどう、スティックブロッコリーとチコリの葉に自家製チーズ。
かけられたジュレの美味しい事!
b0049152_18444826.jpg
藤本健さんの板皿に盛られた一品は、干した赤カブ、生のガーラ、キンカン?のスライス。
b0049152_18450253.jpg
b0049152_18451665.jpg
美しく美味しいなぁ、ほんとに。
ここでひばり屋さんから最初のスペシャルコーヒー。
浅煎りした珈琲に炭酸。飲んだ人からうぉっ!っと驚きの声が揚がる。
b0049152_18453301.jpg
豆と紫カリフラワー、ティラジャー貝にじっくり茹でられたビーツ、クッキー。(細かい説明は忘れました、すみません)
b0049152_18454763.jpg
ティラジャーの旨みの濃い事!
b0049152_18460163.jpg
カンパーニュはモンマルトルビスで特別に焼かれたもの。そろそろ肉かな?
b0049152_18461896.jpg
b0049152_18545827.jpg
藤本健さんの工房で出るガジュマルの木で燻された県産豚、九州の猪のロースともも肉。
燻製にはセミドライトマトとセミドライストロベリー。この組み合わせが悪魔の様に美味しい。
b0049152_18551388.jpg
さっきと同じ豆を今度は深入りして、ストロングな珈琲。
b0049152_18553165.jpg
石板の様なケーキが切られてきた。
みっちりと詰まったスポンジが噛めば噛むほど美味しさを増してくる。
b0049152_18554423.jpg
大歓声が上がったゼリーの海は天然素材の色なのだ。これ美味しかったー
b0049152_18555748.jpg
b0049152_18560900.jpg
プリン。
b0049152_18562286.jpg
お土産用甘さ抑えめビスケット。
b0049152_18563600.jpg
東京や大阪からこのために飛んでこられた人たちも大喜び。お土産にビスケットやマドレーヌ、ゼリーもたっぷりとありました。
仕掛け人の四人。
b0049152_18565035.jpg
そしてこのイベントの主役はあくまでも女性三人なのです。エリさんが「潮干狩りだけど、サブタイトルは男性禁漁区!(笑)」
沖縄の女性のパワーはすごいじぇ!
b0049152_18571100.jpg
この日この時間、日本中で一番幸せな時間を過ごしたのは、今帰仁に居た20人足らずのボクら客と仕掛けた4人かもね。
金井亮輔さん、えりさん、さちこさん、麻子さん素晴らしい時間をありがとうございました、そして黙々と頑張ってた誠平のスタッフさんお疲れ様でした。
また来年、潮干狩りしたいなぁ!(^^)!

料理 関根麻子

デセール&Souvenir 金井えり

珈琲 辻さちこ

ドリンク(食前、食中)きゅうじいぬ 金井亮輔


by tenmorimori | 2017-01-24 19:12 | 祭り・イベント | Comments(0)