ちゅらかじとがちまやぁ

かわ屋 警固店

夜9時10分に飛行機を降り、駅から一番遠い到着口から競歩選手の様に早歩きして、9時17分発の地下鉄に滑り込む。
赤坂で降りて、階段を2段飛ばしで登り近いけどタクシーに乗ってかわ屋警固店へ。
最近皮の美味しさが世間にばれて非常に予約が取りづらくなったが、遅い時間でなんとか2人の席が予約できたのだ。
カウンターの上にはざっと400本はあろうかという鶏皮の山。これが3~4台どでんと置いてある。
b0049152_18014077.jpg
鶏の首の皮だけを使い、串に巻きつけるように刺して、6~7日かけて下焼きと熟成を繰り返えされた状態。
注文が入るとこの山から取り出して仕上げの焼きに入る。
この店のルールと言うか発注の仕方は、まず皮の本数を告げる事。
ナユちゃんと二人でまずは15本。もちろんここは博多。キャベツは食べ放題だ。
仕上げは熟練の焼き技で、表面はサクカリッと焼かれ、巻いてある中心の部分はもっちりジューシーさが残されている。
おーーー!待ってました。久しぶりだなー、会いたかったよ。
b0049152_18015264.jpg
サク、グニ、ジュワーッと美味しい!焼き立て~冷めかけ~冷めてから、時間の経過とともに味が落ち着いてくるのか、どの時間で食べても美味しい。
もう一つの名物「しぎ焼き」は殆どレアのささみ。わさび醤油がかけてある。これが美味しい。
b0049152_18021869.jpg
もちろん、皮だけでなく、博多の焼き鳥屋さんにしては種類が少ないが、他の串も美味しい。
定番バラとサガリ(はらみ)。
b0049152_18020429.jpg
とり身。
b0049152_18121834.jpg
酢もつ。
b0049152_18122966.jpg
タン。
b0049152_18124140.jpg
どんどんとり皮の注文が入る。
b0049152_18125371.jpg
とりミンチ。
b0049152_18130416.jpg
皮を5本追加して、二人で20本、腹いっぱいになった。
ただ最後の楽しみ、皮と一緒に食べたかったお握りが売切れていたのが残念。
会計時に〆の鶏スープがサービスで出される、美味い!
b0049152_18174679.jpg
はあぁ~~~~、美味しかった。もう10年以上行ってないとり皮元祖の店「とりかわ粋恭」に今度は行きたいな。
ナユちゃんが、すぐ近くの「秀ちゃんのラーメンば食べて帰ろうやぁ」と言うので歩いていくと夜遅いのに行列で諦めた。内心ほっとするボクであったww


by tenmorimori | 2016-12-19 18:24 | 博多んモン | Comments(0)