ちゅらかじとがちまやぁ

博多春吉 藁焼 みかん

金曜日、沖縄出張帰りのJ子と飛行機が一緒だったので、んじゃ博多に着いたらめし食おうとなった。
ナユちゃんも時間が空いたみたいなので、ナユちゃん推しの「藁焼 みかん」に行く。
新鮮な刺身を藁を焼いて炙ってから出すという居酒屋さんで、旨いもん激戦区の博多にあって、その中でも予約が取りづらい人気店。
b0049152_18274412.jpg
お通しから唸る。新鮮な鯛の漬けに本山葵。
b0049152_18273172.jpg
呉豆腐は注文を受けてから豆乳を葛粉で固められるという。もっちもち。
b0049152_18275649.jpg
藁を焼いて刺身を炙る大将。ガスバーナーで炙るのとは風味がじぇんじぇん違うばい。
b0049152_18280925.jpg
刺し盛りは、炙りが穴子と鰆と鰹、生が鯛、マグロ中トロとやりいか。
b0049152_18283080.jpg
炙った鰆、鰹、穴子の旨い事!三人で刺身の美味しさに目を合わせる。
こりゃあ簡単には予約が取れないはずだ。

b0049152_18285439.jpg
b0049152_18284241.jpg
沖アミと青唐辛子、器が面白い。
b0049152_18290917.jpg
本シシャモが旨い!
b0049152_18293601.jpg
新鮮な博多の鯖のサバ寿司は、新鮮が故に殆ど酢で〆る必要がなく甘く美味しいのだ。
b0049152_18292322.jpg
客のほとんどが注文するという鴨のモモ肉の朴葉焼き。
モモ肉のブリブリした食感と、味噌の美味しさが半端でない。
b0049152_18295487.jpg
蓮根餅チーズあん。
b0049152_18300855.jpg
蓮根餅はとろりスープの中に沈んでいる。
b0049152_18302003.jpg
だし巻の大根おろしにはアオサ。
b0049152_18303434.jpg
鯛のアラ煮。味付けは甘くて濃い醤油味。
博多の煮付けだ!白いご飯が欲しい。
b0049152_18304713.jpg
〆にアオサの味噌汁。
b0049152_18310518.jpg
いやぁ~~~、美味い!ここはまた再訪したいな。
帰りに貰った温州ミカンが美味しかった。



by tenmorimori | 2016-11-14 18:46 | 博多んモン | Comments(2)
Commented by モモ at 2016-11-15 09:33 x
オハヨウございます。
またまた博多で美味しいもの食べてますね(笑)

コチラの店の前よく通りますが、外から藁で炙っているのが見えて、いつもお客さんいっぱいですもん

私もいつか行きたい店のひとつに入ってます。
Commented by tenmorimori at 2016-11-16 19:20
こんばんは、春吉はなんかすっかり変わってしまって、イル・パラッツォからラブホテル街へ通じる道にもおしゃれなバーが増えましたね。
この店はほんとに美味しかった。遅い時間だったので予約が取れましたけど、週末はなかなか予約困難なんでしょうね。
近いうちにぜひ!