ちゅらかじとがちまやぁ

有田焼400年記念 USEUM ARITA


実はポーセリンパークに行ったのはボクの勘違いで、本当の目的地は佐賀県立九州陶磁文化館で開かれている、有田焼創業400年のイベント「USEUM ARITA」の特別食事会のため。
福岡の友人のタイムラインで知ってすぐさま申し込んだ。
なにせ、佐賀を代表する人間国宝の井上萬二、中島宏、三右衛門と呼ばれる今泉今右衛門、酒井田柿右衛門、中里太郎右衛門による究極の器が用いられ、ミシュラン星付きシェフの料理が食べられるというのだから見逃せない。
佐賀県立九州陶磁文化館の入り口近くに特設の会場が設けられていた。
秋風が気持ちいいなぁ・・・・
b0049152_18265146.jpg
会場には有田焼の未来を示唆するような新しい感覚・技法の作品が展示してあった。
肝心の写真は撮ってない(笑)こんな写真は撮った、有田焼のガチャガチャ。
b0049152_18271131.jpg
b0049152_18272418.jpg
和食と中華が有って、ボクは和食を選んのだが、食器は選べない。
しかしボクの食事に使われたのは、多分もっとも有名な酒井田柿右衛門さんの器。
美しい!これ全部で数百万になるのだろうか、食事代は2,500円と良心的。
b0049152_18274368.jpg
様々な佐賀の特選素材が使われている。
冬瓜饅頭 有田鶏のつみれ 彩人参 青菜 パン 胡椒のスープ。
b0049152_18281325.jpg
有田鶏と香り豊かな佐賀大根の蕎麦。
b0049152_18275901.jpg
b0049152_18285298.jpg
米は食味日本一になったこともある、佐賀の台地で作られる上場米(うわばまい)新米に有田鶏のそぼろかけ。
b0049152_18282734.jpg
メインは、玄界灘甘鯛の焼きもの、白石の皮付きたまねぎの丸ごと煮込み、栗・牛蒡チップ、青唐、茸。
う、う、美しい!
b0049152_18284067.jpg
お茶は嬉野の新茶。
b0049152_18290646.jpg
デザートは、有田名物の呉豆腐に抹茶きなこの黒蜜かけ。
b0049152_18291976.jpg
熱いほうじ茶が旨い。
b0049152_18293031.jpg
素晴らしい経験でした。
11月下旬まで開催されているので、興味のある方は予約してお越しください、こんな機会なかなか無いですよ。
サトミさん、ありがとうございました。

by tenmorimori | 2016-10-14 19:02 | 祭り・イベント | Comments(3)
Commented by サトミ at 2016-10-14 21:17 x
美しい和食メインと柿右衛門さん、引き立て合いますねえ!超絶美男美女のカップルみたい💚てんもりさんのブログで、11月にまた行きたくなりました(^。^)
Commented by アホの坂田 at 2016-10-15 07:04 x
ひとりひとり器が違っていたのですね、すごい光景です。
Commented by tenmorimori at 2016-10-15 11:53
サトミさま、おかげさまで(^_^)
美男美女でどちらも性格良くてみたいな感じですね。
11月、今度は中華を予約しようかなぁ

坂田さん、使ってこその器ですからね、前夜は隆盛で今右衛門さんの器でした、贅沢ですねー