ちゅらかじとがちまやぁ

凛丹 一碗居 Rintan Yiwanju


FBで凛丹の3号店「凛丹 一碗居」が出来る事を知り、博多入りに合わせてとりあえず予約を入れた。
9月7日オープン後の9月9日に6人で予約を入れてサトミさんに丸投げ(笑)
やっぱ中華は5~6人がいいですね。
マンションが立ち並ぶ平尾の裏通りに明かりが灯る。
予約時間に行くと、キャパは20~25人といったところか、シンプルで今風の店内はすでにどのテーブルにも予約札が置いてある。
さてさて、
b0049152_10012234.jpg
香草・胡瓜・青唐辛子の北京風サラダ。
b0049152_09520258.jpg
優しげな見た目だが、青唐辛子の小さな輪切りが入っているのでピリリと舌を刺す。
b0049152_09523195.jpg
蒸し鶏の山椒唐辛子辣油ソース よだれ鶏。
b0049152_09525290.jpg
叩き海老と豚肉の腸粉。
b0049152_09534905.jpg
特製手打ち焼き餃子。人数に合わせて6個。
b0049152_09540366.jpg
うっめうっめうっめぇ~~~です。下品な表現ですみません。
特製スパイスかけラム串。人数に合わせて6本。
b0049152_09542538.jpg
ラム、たまらんなぁ。
もち米と豚の血の腸詰。
b0049152_09550494.jpg
緑豆春雨と蒸し鶏・胡瓜の芥子醤油和え。
極太の春雨の食感がまるで腰の強いさぬきうどん。
b0049152_09575049.jpg
鶏皮のパリパリ揚げ 山椒唐辛子風味。
b0049152_09580721.jpg
四川麻婆豆腐。
辛いだけでなく、これはもうほんとにプロの味だな。
b0049152_09582415.jpg
これはなにか忘れたが、もちもち太麺と焦がしねぎの油そばみたいな。
b0049152_09584665.jpg
そして〆にピータンと干しエビの炒飯。
予想に反して粗切りのピータンと、生海老ではなく干しエビ、美味しくて参った。
b0049152_09533018.jpg
満席ながら、厨房1人、ホール1人で手際よく回され、料理を極端に待つことなく飲み物も頼めばすぐに出される。やはり流行る店は違うなぁと感心する。
お付き合いいただいた皆様ありがとうございました。
ビールとか紹興酒とかワインとか飲み散らかしても一人5000円ほど。

by tenmorimori | 2016-09-14 10:28 | 博多んモン | Comments(0)