ちゅらかじとがちまやぁ

川端どさんこ もつ幸 能古島 ともえ

昼過ぎの便で福岡到着。
急いでレンタカーを借りてみやけうどんへ行くも、早仕舞いしとるやん。
泣きながら川端通り商店街へ行く。
久しぶりの川端どさんこで皿うどんと半炒飯。
先代そっくりの大将はまだまだ若い、いつもと変わらず鍋を全身でリズミカルに振る。
ボクはいつも味噌ラーメンを食べるのだが、博多の太麺の皿うどんが食べたくなった。
いやぁ~~~、旨い!
b0049152_20365176.jpg

ここは炒飯も旨かとです。
b0049152_20372481.jpg

川端通りをぶらぶら歩いて。
b0049152_20385397.jpg

驚いたのは、中洲のお姉さん目当てのドレス屋さんがたくさん出来ていたこと。
にわかせんぺいの帽子。
b0049152_2042260.jpg

博多では小麦粉を原料にしたものは「せんぺい(senpei)」と呼び、米が原料のものを煎餅(せんべい)と呼び分けている。
博多川沿いで一服して時間をつぶし。
b0049152_20423227.jpg

J子と待ち合わせて「もつ幸」へ開店前に並ぶ。
二人客は予約を受けてくれないので早くから並ぶしかないのだ。
開店時間の5時には2~30人の行列が出来ていた。
これこれ、写真は3人前。
b0049152_20442473.jpg

もつ幸は酢醤油と粗挽き唐辛子、ゆず胡椒で食べる。
b0049152_2045669.jpg

さてさて、
b0049152_20461765.jpg

はぁ~~~~~、旨かなぁ~~~
b0049152_20464318.jpg

J子の酒の肴「白せんまい」。
b0049152_20472330.jpg

鍋用に豆腐と水餃子追加。
b0049152_20475769.jpg

〆は特製ちゃんぽん麺。
b0049152_20482639.jpg

充分にスープを吸ってポワンポワンになったら大量の摺り胡麻投入。
b0049152_20492596.jpg

最っ高っ!
b0049152_20495665.jpg

はぁ~~~、モツ鍋はもつ幸以外で食わんでもヨカなぁ~~。
食べ終わってもまだ明るいので、能古島に寄って行こう。
ともえの誕生日を過ぎたばっかりなので、近所のチョコレートショップでケーキを買って。
b0049152_20533339.jpg

これ美味しかったー、チョコレートショップの人気商品「博多の石畳」の姉妹品「ベリーの石畳」。
b0049152_20531514.jpg

ぐい飲みで水を飲むともえ。翌日にショッピングセンターで迷子になって大泣きするのはまだ知らない(笑)
b0049152_20543449.jpg

最終1本前の船で姪の浜に渡る。客はボク一人。
b0049152_20551754.jpg

by tenmorimori | 2016-03-08 20:55 | 博多んモン | Comments(0)