ちゅらかじとがちまやぁ

炭鉱町のラーメン 三洋軒支店

福岡市の東、かつて炭鉱で賑わった志免町の一画にずっと昔からのたたずまいを変えていない「三洋軒支店」。
b0049152_19295334.jpg

支店と言いながら本店は無い。ボクの記憶では、大通りの県道68号線、今の福銀の向かいにあったおばあちゃんがやってた三洋軒が本店だった気がする。
今はもう寂れた商店街や古い住宅が立ち並ぶ志免町だが、炭鉱の全盛時にはさぞかし多くの人で溢れていたのだろう。
ボクの通っていた小学校の近くにも三洋軒支店があり、時々出前を取るのが楽しみだった。
伸びた麺とラップを開けると香る豚骨臭が懐かしい。今はもうその店は無くなってしまった。
博多とも佐賀とも久留米とも違う豚骨ラーメンは三洋軒の味としか言いようがない。
ワンタンメン
b0049152_1929127.jpg

b0049152_19293318.jpg

b0049152_19301371.jpg
b0049152_19302763.jpg

表のテントやのれんはさすがに新しくなっているが、店内とラーメンは何十年も変わらず存在している。
2016年にこの店でこのラーメンが食べられることに感謝感謝。
by tenmorimori | 2016-01-29 19:34 | 博多んモン | Comments(2)
Commented by take4 at 2017-02-17 19:47 x
たった今の福岡ローカル番組「なんしょっと」で華丸が「あぁ~ここのラーメンいっぺんラップして輪ゴムをとりながらラップをはがしたくなるラーメンやん」ってコメントしてました。
Commented by tenmorimori at 2017-02-17 20:07
あーそれ、ものすご分かる(笑)
昔実家の近所にも三洋軒支店が有って、よく出前取りよったもん。
なぜか店で食べるより、少し伸びたワンタンメンが美味しかったー