ちゅらかじとがちまやぁ

100年先を見据えて世界的マクロビ料理を楽しむ

宗像堂店主宗像さんの出会いから始まったこの物語。
ザ・ブセナテラスに100人近くの人が集まり、大林千茱萸監督も来られて「100年ごはん」の上映会。
宣伝広告費は一切使っていないが、いまや100年ごはんは日本を飛び出してスリランカやハワイ、LA、NYまで上映会が開かれるほどなのだ。
(大林監督は、先日テレビ番組「マツコの知らない世界」でホットサンドの解説者として出演されてた)
そしてその上映の後にホテル内のイタリアンレストラン「チュララ」でマクロビオティックでは世界的にも有名な西マユミさん(マドンナのプライベートシェフを10年間務め、今回の料理はマドンナが毎日食べていたような料理をイメージされたもの)の料理を頂くという、貴重な機会。お客さんを見てみると日本全国から集まっている。
ボクはマクロビ料理なんて詳しくはないが、知識のある人から見ればとんでもないイベントなのだろう。
食材は100年ごはんに出てくる大分県臼杵の無農薬の野菜たち。西シェフも驚く野菜たちが主役だ。
そしてこの日のために焼かれた宗像さんのパンも。
これ以上ないような気持ちの良い日になった、気温は20℃ぐらいか、風も乾いて条件はそろい過ぎてる。
b0049152_18473514.jpg

ブセナテラスってかっこいいなぁ、そしていい場所に建てられてる。
今日誰かが幸せになるようだ。
b0049152_18484051.jpg
b0049152_18485690.jpg

100年ごはんを観るのは2回目だが、見れば見るほど愛おしくなってくるような不思議な魅力がある。
さて、会場を移動して・・・・・
b0049152_1856197.jpg

b0049152_18513633.jpg
b0049152_18515431.jpg

食前には宗像堂特製の酵素ジュース(ローゼルとドラゴンフルーツ)
b0049152_18525878.jpg

主催者宗像さんは窯の前が落ち着きますよとスタンバイww
b0049152_18535285.jpg
b0049152_1854690.jpg
b0049152_18542428.jpg

レストランスタッフもお手伝い。
b0049152_18554015.jpg

青パパイヤとキャベツ&人参のプレスサラダとベビーリーフ。
パパイヤと臼杵の野菜たち。
水菜とキャベツ、ニンジンは臼杵産、パパイヤは塩麹で一晩マリネされている。
西さんの解説を聞きながら食べるという夢の様な時間。
思ったより歯ごたえのある元気な野菜たちに「食べる」という行為を改めて自覚する、いや自覚させられるような西邑マジックか?笑
b0049152_18593658.jpg

西さん本人も初めて食べたときからすっかり虜になり、沖縄では玄米を食べずにこればっかり食べてるという宗像パン(発酵ウコンパンと北海道新麦入りのバゲット)
b0049152_1914086.jpg
b0049152_1915758.jpg

スープ
ロロンのクリーミースープ クルトン(宗像堂)を添えて
b0049152_1953063.jpg

映画にも出てくる「ロロン」とはラグビーボールの様な形をしたカボチャの一種。
素材はそのロロンとたまねぎのみ、出汁には椎茸と昆布、調味料は臼杵の味噌が使われている。
まるで生クリームが使われているようなクリーミーさとコクがある。
メインプレートは臼杵プレート。配膳されるなり、椎茸の良い香りが。
b0049152_1912222.jpg

蓮根のうなぎもどきとプチ・マクロ照り焼きソース。
b0049152_19131464.jpg

野菜のロースト。
b0049152_1915225.jpg

ごぼう入り玄米ご飯、干し椎茸と昆布の簡単佃煮。
b0049152_19162356.jpg

ほうれん草の胡麻和え。希少な国産胡麻の香ばしさったらないね。
b0049152_19181169.jpg

タケノコ芋のあられ揚げ。ねちっと甘い。
b0049152_1919726.jpg

大根おろしには梅酢がかけられていた。
黒ごま入りココナッツアイス シナモンクッキー添え。
b0049152_19202197.jpg

宗像さん、大林さん、西さんそして料理人たち、ありがとうございました。
b0049152_19213055.jpg

お二人の掛け合いが最高に楽しかったなぁ、またやろうねと西シェフも乗り気だったので、また日本のどこかで開催されるかもです。ただし、西シェフは世界中を飛び回っているのであまり日本に居ないらしいが笑
デニムの着物がかっこいいなぁ
b0049152_19232362.jpg

b0049152_19293952.jpg

西マユミさんの最後の言葉が印象に残っている「この料理を7年食べ続けると髪の毛の先まで、身体中の細胞が入れ替わります」
特別協賛 ザ・ブセナテラス
協力 株式会社プラザハウス

そして主催の宗像さん、貴重な機会をありがとうございました。
by tenmorimori | 2015-11-30 19:31 | 祭り・イベント | Comments(5)
Commented by kaotti-1 at 2015-11-30 23:39
うぅ、美味しそう・・・夜遅くに見ちゃいけない写真です(笑)
貴重な体験をされたのですね。羨ましいです!それもブセナテラスで。
チュララっていうのも惹かれるところ。
お料理もなんですが、宗像さんのパンに引き込まれます。いつか是非頂いてみたいです。
今度ハピナハで購入できるかな?
Commented by cana_mimican at 2015-12-01 17:22
ブセナ、最高ですものね。(義父母と沖縄に行った際に泊まりました。)
そんな最高の場所でとても興味深い催し、羨ましいです。
一般で参加するのは難しいのでしょうか?
お話しやお料理、興味津々です。
あのホットサンドを紹介していた方は監督なのですね。
宗像さんのパン、いつか絶対食べなくては。。;)
Commented by tenmorimori at 2015-12-01 19:33
>kaotti-1さん、そうなんですよ、場所も料理もお客さんも最高でした、あ、天気もww
宗像パン、ハピナハにも置いてありますが、是非店に行ってください、言えば石窯も見せてくれますよ。西邑シェフも太鼓判を押すパンをどうぞ!

>cana_mimicanさん、ブセナ最高でした、泊まってみたいと切実に思いましたよ。
ロケーションもさることながら、スタッフのホスピタリティーに感激しました。
一般の人ももちろん参加できましたよ、ボクは宗像さんから以前あった時にこの話を聞いて飛びつきました。会費10800円は高いかなと思いましたが、西邑シェフの話を聞きながらこの料理を食べているうちにむしろ安いぞと思いました。大林千茱萸さんから「てんもりさん」と覚えて頂いていて嬉しかったです笑
宗像パン、ぜひぜひ!
Commented by taco at 2015-12-06 18:17 x
ブセナのロケーションは、こういうイベントするのには最適ですね。
メインゲート入った瞬間の、目の前がどど~~んと開けてる感じも大好きです。
良い笑顔の方々が携わったお料理、時間、空間は気持ち良かっただろうな~~と。
Commented by tenmorimori at 2015-12-07 17:34
この日はブセナのコマーシャル撮影が出来そうなほどコンディションが良かったです。
そんな中の最高の食のイベントでした。沖縄に住んでるとこういう内地では縁遠い人でもぐっと身近になりますよ。沖縄特典です(笑)