ちゅらかじとがちまやぁ

唐津城内 日本料理旅館 水野で宴会

一竜軒の大将・女将さんを囲む会は唐津の一流旅館「水野」で催された。
約400年前、名護屋城から移築された武家屋敷の門。
b0049152_17425182.jpg

一竜軒と並んで、ボクが勝手に豚骨ラーメンのゴールデントライアングルと呼んでいる「黒門」と「いちげん」の大将も参加。
九州各地から、お久しぶりの人や初めての人で賑やか、かつ楽しい宴会だった。
お造りは「とんさんなます」と呼ばれる唐津独特のもの。
b0049152_17451493.jpg
b0049152_17452415.jpg
b0049152_17454099.jpg

さすが唐津、イカの活き造りと伊勢海老の活き造り。
b0049152_17461654.jpg
b0049152_17462766.jpg
b0049152_1746434.jpg
b0049152_17465517.jpg

伊勢海老用の小皿がおしゃれだ。
b0049152_1747278.jpg

鱧とアワビの肝。
b0049152_17475234.jpg

イサキ。
b0049152_17481324.jpg

マンボウの腸はサクサクともコリコリとも違う不思議な食感。
b0049152_1749053.jpg

サザエのつぼ焼き。
b0049152_17492213.jpg
b0049152_17493363.jpg

雲丹の茶わん蒸し。
b0049152_17495727.jpg

唐津やなぁ・・・・鯨三種。畝と百尋と心臓かなぁ。
b0049152_17534141.jpg

イカと野菜の天ぷら。
b0049152_1754449.jpg

伊勢海老の味噌汁。
b0049152_17542627.jpg

佐賀米のご飯がおいしくてお替り。
デザートは梅ゼリー。
b0049152_1755939.jpg

素晴らしい料理と器の数々でした、あーよか宴会。

一竜軒の大将からお土産が。
小城羊羹が三棹。正しい、実に正しいお土産に感動。
b0049152_1757245.jpg

by tenmorimori | 2015-07-03 17:57 | 博多んモン | Comments(3)
Commented by beaux at 2015-07-05 09:05 x
美味しそうですね 一見でも行けますか? 丸星から南のラーメンは食べてないので一竜軒行かなきゃです 小城羊羹でシュガーロードを思い出しました 武雄から佐賀まで よい道でした
Commented by taco at 2015-07-05 23:47 x
本気の日本料理って素晴らしい!
Commented by tenmorimori at 2015-07-06 19:25
>beauxさん、一見でもでも全然大丈夫ですよ、ぜひ宿泊されることをお勧めします。
一竜軒は唐津なので、久留米の丸星から見ると北西方向になるんでしょうかね。豚骨ラーメンがお好きなら食べておくべき名店です。

>tacoさん、本気、格式、歴史・・・・唐津の食は凄いです。