ちゅらかじとがちまやぁ

唐津 川島豆腐店

ずっと食べたかった唐津「川島豆腐店」の豆腐料理。
全国的にも有名で、完全予約制なので土曜日の昼に予約を取って行く。
商店街の一画にこじんまりと店は有る。
b0049152_19232297.jpg

間口は狭いが奥に広く、落ち着いた空間が待っていた。
b0049152_1948198.jpg

b0049152_1924171.jpg

まずは豆乳を一杯。
喉にすっと降りていく滑らかさとコクを感じる豆乳だ。
b0049152_192414.jpg

前菜は生湯葉とおから炒り。湯葉は山葵と出汁のジュレで食べる。
b0049152_19264956.jpg
b0049152_1927344.jpg

そしてこの店の代表「ざる豆腐」。カウンターに置かれた大きなざるからすくって出される。
ほんのり温かく、まずはそのまま、そして好みで塩と土佐醤油で食べる。
塩で食べるのが一番美味しかったなぁ。これ、お替り自由です、3杯食べたww
b0049152_19285597.jpg

カマスの干物。
b0049152_19292280.jpg

今回のコースは2100円のコースにしたが、これは追加注文したコース外の「塩うに」。
b0049152_19303059.jpg

近年は保存・加工・運送技術が進歩してミョウバンを使ってない生うにが手軽に食べられるが、唐津産のうにを塩漬けした塩うには、昔から食べていた贅沢品だ。アルコールを使った瓶詰ウニが普通のものだが、たまにこの塩うにが手に入ると父親がそれは嬉しそうに酒のつまみにしていた。
この日、いろは島温泉に入ってから呼子まで行き「久満うに本舗」で新うにの塩うに購入。屋台で鯵の味醂干しも買って帰った。呼子はイカだけじゃないんだぜぇ。
話を戻して・・・・・・
次は揚げたて厚揚げ。実はこれお替りしたもの。そう、厚揚げもお替り自由なのだ、厚揚げ好きのボクにはたまらんサービス。
b0049152_19394756.jpg

塩か醤油で頂くのだが、目の前には塩うにが。
b0049152_19403721.jpg

たまらんす!
ざる豆腐がぽっかり入った味噌汁。
b0049152_19411485.jpg

お新香が出て
b0049152_19413531.jpg

うずみ豆腐。大麦100%の雑炊にざる豆腐が埋められている。
b0049152_19431067.jpg

目の前には塩うにが(笑)塩うにを少しずつ溶かして食べるともう!うししし
b0049152_19434039.jpg

デザートは豆乳のブランマンジェ。
b0049152_19451573.jpg

料理、器、雰囲気、言う事なしです、しかも安い。また来よう。
b0049152_19491087.jpg


追記
川島豆腐店からすぐ近くに「ふじ川蒲鉾本店」がある。
知る人ぞ知る佐賀名産「魚ロッケ(ぎょろっけ)」の発祥の店なのだ。
買うくさ!
b0049152_2074883.jpg

by tenmorimori | 2015-06-23 19:55 | 博多んモン | Comments(2)
Commented by taco at 2015-06-27 11:29 x
京都なんかのお豆腐屋さんのメニューとはちょっと違う、ちょっとひねりがあって良い感じ♪
もちろん、魚コロッケは買うくさ!
Commented by tenmorimori at 2015-06-27 20:29
魚ロッケはカレー味をお勧めします!
この豆腐屋さん、間口が狭くて奥に広い、京都の町屋みたいな作りでしたよ。