ちゅらかじとがちまやぁ

琉球麺 茉家 福幸豚の中落ちそば

昨日帰るときに常連さんが食べていたそばが美味しそうだったので、雨の中茉家へ車を走らせた。
これが目当ての福幸豚の中落ちそば。
b0049152_17591823.jpg

福幸豚の骨の間の肉を丁寧に手で取り出し、味付けされたもの。
配膳は麺と具は別々に盛られて出される。
麺は通常のものに変えて自家製麺で雲南百薬が練り込まれたものを使ってくれて、モチつるんとしている。
b0049152_1821972.jpg

中落ち肉と白髪ねぎ(輪切りも加えてある丁寧さ)、そして大量のおろし生姜。
b0049152_1833696.jpg

おろし生姜は熱を加えて、生姜独特の刺激や苦みが抑えられ生姜本来の旨味が丼に広がる。
肉の煮汁の甘さに、生姜が実に効果的。
旨い旨いと食べていると、店主がにやりと「もっと美味しい食べ方が有りますよ」とご飯を用意してくれた。
b0049152_18324100.jpg

こりゃあもー堪らんです!
巻物のメニューの最後にこんな事が書いてある。
b0049152_1891692.jpg

こんな思いのこもったそばが美味しくない訳がない。
非常に分りにくい場所に移転されたが、このそばを求めて来る客には場所は関係ないのだ。
by tenmorimori | 2015-03-06 18:10 | 沖縄すばDay By Day | Comments(3)
Commented by nobi at 2015-03-07 12:22 x
開発中の冷やしも美味しそうですね。 そろそろ。またお取り寄せを考えています。
Commented by matsuda1222 at 2015-03-07 14:17
ブログ沖縄食彩倶楽部です。お久しぶりです。
今週月曜に私もやっと食べに行きました。以前は実家近かったので移転は残念でしたが再開をうれしく思っています。更なる味の追求が楽しみな茉家さんです。
Commented by tenmorimori at 2015-03-07 17:26
>nobiさん、冷やしが美味しいのも自家製麺が美味しいからですよね。

>松田さん、お久しぶりです。沖縄を出られたんですね、昨日茉家で松田さんの話も出ましたよ。
茉家さんがあんなところに移転されてるとは!
松田さんの作る沖縄そばも楽しみです。