ちゅらかじとがちまやぁ

第50回 喜屋武エイサー盆踊りの夕べ

2014年第50回を迎えた喜屋武エイサーに今年も行ってきた。
今年の演舞は今まで見てきた中で最高の出来だったと思った。
50年前、源流となる勝連の屋慶名から泊まり込みで指導に来られた方に喜屋武青年会から感謝状が贈られる。
b0049152_17194297.jpg

地元喜屋武のゆるキャラスーさんは子供にもみくちゃにされる。
b0049152_17214445.jpg

さて
b0049152_17205818.jpg

さて
b0049152_1721910.jpg

さてぇ!
b0049152_17215611.jpg

ハントーカタミヤーとチョンダラーの登場だ!
b0049152_17251361.jpg
b0049152_17243052.jpg
b0049152_17244058.jpg
b0049152_17243537.jpg

アンプで増幅された三線の音と地謡の喉を詰めた歌声、ううう~~~ワクワクする瞬間。
b0049152_1726539.jpg
b0049152_17263430.jpg
b0049152_1726438.jpg
b0049152_1727178.jpg

そしてきれいな隊列の本隊と女性の手踊りが登場。
b0049152_1727414.jpg

b0049152_1727276.jpg
b0049152_17274985.jpg
b0049152_17282011.jpg

優雅じゃ。
b0049152_17291796.jpg

b0049152_17284655.jpg
b0049152_1729684.jpg

錦を被った大太鼓。
b0049152_17285582.jpg

次々とフォーメーションを変えて演舞が続く。猛練習の成果が現れている。
b0049152_17294591.jpg

b0049152_1733653.jpg

b0049152_17325914.jpg




b0049152_17351748.jpg
b0049152_17352964.jpg
b0049152_17343447.jpg
b0049152_17345290.jpg

チョンダラーの演舞に移る。
b0049152_17352297.jpg
b0049152_17354490.jpg
b0049152_17354352.jpg
b0049152_173543100.jpg
b0049152_1736555.jpg

さあもう一息だ。
b0049152_17362530.jpg
b0049152_1736391.jpg

人気の出し物「バサンガー」。
子供たちが踊る踊る(笑)

b0049152_17403266.jpg
b0049152_17411414.jpg
b0049152_17411773.jpg
b0049152_174168.jpg

終盤に向けて集中力を高める。
b0049152_17421751.jpg
b0049152_17415866.jpg
b0049152_17421992.jpg
b0049152_17421997.jpg
b0049152_17423881.jpg
b0049152_17425882.jpg

OBなのかな(笑)
b0049152_17431343.jpg

b0049152_17434848.jpg
b0049152_17442741.jpg
b0049152_17442794.jpg
b0049152_17441920.jpg

のぼりのデザインはモモトのミユキちゃん。ふうかを連れて来てた。
b0049152_1745674.jpg

あー、もうすぐ終わる・・・・
b0049152_1746255.jpg
b0049152_17454698.jpg
b0049152_17465355.jpg

最後の決めポーズ、後ピンでごめんなさい。
b0049152_17455845.jpg
b0049152_17464456.jpg

我が子かな。
b0049152_17475684.jpg

b0049152_1749115.jpg

会場の設営から盆踊りのやぐらの組立とお世話係、駐車場の整理まで全て青年会のメンバーで行われる。
頭下がります、お疲れ様です。
来年は第51回、100回へ向けての第一歩ですね、ありがとうございました。
アンちゃんとふうか。
b0049152_17493782.jpg

by tenmorimori | 2014-08-28 17:49 | 祭り・イベント | Comments(6)
Commented by たま at 2014-08-28 23:14 x
かっこい~(≧▽≦)
写真だけ見てもかっこよさが伝わるのだから、やっぱり見てみたいって思っちゃう。
平安名なエイサーと見比べてみたくなりますね。
最後のアンちゃんとふうかちゃん、かわいい~~(*^ー^)ノ♪
ふうかちゃん、大きくなりましたね。
Commented by てんもり at 2014-08-29 17:30 x
来年はナカヌヒーから来れば見られますよ。
どーでしょー?(笑)
Commented by ルナ at 2014-08-30 09:01 x
初めまして,ルナと申します。いつも楽しくブロク楽しく拝見しています。
私の地元の喜屋武エイサー!!思わずコメントしてしまいました。
青年会メンバーとして、皆と頑張っていた昔を思いだしました。
躍動感が、写真から伝わってきました。
素敵な写真&ブロクありがとうございましたm(._.)m
Commented by canandaigua-ny at 2014-08-30 11:49
賑わってますね。 ますますその場で見てみたいのです。
エイサーもよさこいも、踊りもですが衣装もお揃いで拘りがあるのですね。
伝統的な衣装なのでしょうか? 
お揃いのコンバースにも目が行ってしまいました。笑
拘っているのです。:)
Commented by taco at 2014-08-31 09:26 x
いや~~かっこええなぁ♪
喜屋武は、衣装の豪華さがええんですよね。
各青年会で、色んな特徴があって、どこが一番ってことでなく、どこも素晴らしい。
かつて一緒に働いてた友達が客席にいないか、探してしまった(笑)
Commented by てんもり at 2014-09-01 11:10 x
>ルナさん、初めまして、コメントありがとうございます。
ルナ=月ですね。沖縄では当たり前の旧暦行事も全て月齢ですからね。
喜屋武が地元なんですか、昔の雰囲気も良かったんでしょうね。
年々観客が増えている気がします、100回目も今と同じエイサーが続いていることを願いたいです。

>canandaigua-nyさん、青年会ごとのエイサーの衣装と演舞は地区地区でかなりこだわりがあると思いますよ。
お揃いの黒コンバースと黄色い島ぞうりが良いですねww

>tacoさん、各地のエイサーの中では屋慶名系(喜屋武もそのひとつ)のエイサーの衣装が一番豪華だと思います。
対照的なのは平敷屋の僧侶の衣装ですね。
そう!どこが一番ってないんですよ。