ちゅらかじとがちまやぁ

玉城 「胃袋」

今にも降り出しそうな雲を見ながら、野枝さんを助手席に乗せて玉城へ走る。
関根麻子さんの店「胃袋」の料理を初めて食べる為。
以前、藤本健さんの個展が開かれたガーブドミンゴでの食事会で食べて以来だ。
「胃袋」はその藤本健さんの工房兼ギャラリーに併設されるような形で8月初めにオープンした。
裏山の原生林を借景にする厨房を見渡せるカウンター席。
b0049152_1126648.jpg

b0049152_11263010.jpg

b0049152_11272017.jpg

ソルダムシロップのソーダ割り。
b0049152_11242064.jpg

料理はアラカルトでいろいろ注文。
ミントときゅうりの自家製カッテージチーズとブルーチーズのサラダ。
b0049152_11281938.jpg

瑞々しい胡瓜とミントの香り、それに纏わるカッテージチーズとブルーチーズ。
隠し味にドライレモンの苦み。
夏らしいなぁ、爽やかだなぁ~
レンズ豆とドライトマトのマリネ ヨーグルトソース。
b0049152_11311388.jpg

ドライトマトの存在感に美味しい鼻息をむふぅ~~と吐き出しながら食べる。
自家製塩レモンのカツオツナとハンダマサラダ。器は藤本健さんの木の器。
b0049152_11325756.jpg

自家製カツオツナ!おいしっ!
ここまで3品、それぞれの個性が際立っているが流れで食べても、取り皿の上でソースが混じっても違和感なく美味しくて・・・なんだろな?
県産和牛と豆のペースト バゲットと。
b0049152_1136541.jpg

このペーストの甘みは牛の甘みなのか?
シークヮーサーの甘くないソーダ。
b0049152_11373926.jpg

ローストポーク ブラックベリーソース。
b0049152_11465489.jpg

時間をかけてローストされた豚肉とベリーのソースが抜群に旨い。
そして酸味のあるソースがたっぷりと。
とりひき肉とねぎのクロケット マスタードソース。この辺で野枝さんはワインを1本空けてお腹いっぱいに(笑)
b0049152_11492628.jpg

揚げたてカリカリのチキンコロッケが美味しいのはもちろんだが、ちょこんとソースの四隅に添えられたミジュンのオイルサーディン(近所の海人が作られたという)をアンチョビ風にしたペーストが味を引き締める。
これがもとのオイルサーディン。
b0049152_11524253.jpg

シークヮーサーを絞って食べさせてもらう。
島ごぼうとさんしょうのタプナードブルスケッタ。
b0049152_11534024.jpg

島ごぼうと山椒のちょっと和風なブルスケッタとモウイが旨い。
他のお客さんも帰り、藤本健さんも交えておしゃべり。
今は無き名店「オウチ。」のクリスマスディナーへの麻子さんの思い入れ話など興味深く懐かしかった。

麻子さんの料理がこれからいつでも食べられるなんて、よくぞ店をオープンしてくれました。
会計を済ませ外に出るとそぼ降る雨、雨もまた良し。

胃袋
南城市玉城屋嘉部123-1
080-9100-5446
17:00~22:30 LO22:00
CLOSED MAN-TUE
by tenmorimori | 2014-08-17 12:09 | 晩ごはん | Comments(4)
Commented by okazaki001 at 2014-08-18 13:06
なにやら見聞き慣れない食材の組合わせ。こちらの想像をはみ出したお料理が出てきて、しかも美味しいと楽しいですね。
Commented by tenmorimori at 2014-08-18 18:32
麻子さんの料理は、「オウチ。」時代に味わっているので、もうすっかり身を任せましたよ(笑)
Commented by taco at 2014-08-23 13:54 x
食材の組み合わせが素晴らしい♪
ハンダマは意外と手に入りますが、モーイはまだ売ってないですね、ターンムとかも(笑)
懐かしくて食べたいな~と思う事もありますが、
食材は、やっぱり育ったその土地でしか食べられない、そこに行かないと食べられないってのが、ホントはええように思いますね。
ゴーヤーが普通にスーパーに並ぶようになって嬉しいではありますが(笑)
Commented by tenmorimori at 2014-08-25 17:14
そうなんですよ、流通が発達して日本中から大抵のものは沖縄に取り寄せられますが、やっぱり現地で食べるものには敵いませんね。魚も沖縄の業者さんが頑張ってきれいなものが並びますけど、博多のその辺の居酒屋で出される魚でも沖縄で食べるのと比べて薄皮1枚剥いだように美味しいですもん。