ちゅらかじとがちまやぁ

桜坂で板橋文夫で食堂インドで48な夜だった

b0049152_232356100.jpg

b0049152_2325482.jpg
b0049152_23263453.jpg
b0049152_23254435.jpg
b0049152_2326263.jpg
b0049152_2327994.jpg

板橋文夫さんのプレイはもはや神がかったようなプレイ。
コンサートが始まってすぐ、左手の指が切れ、流血の演奏。
鍵盤に血が飛び散ってたそうだ。ベースソロの間に応急処置をして変わらずに激しい演奏を続けた。
凄かったのは若いサイドメン、ベースもドラムもともに札幌が拠点だと言う。
特に24歳のドラマーのプレイがものすごい、一聴の価値ありです。3月12日は石垣で演奏するそうです。
4月はこのFIT!というピアノトリオで北海道ツアーが始まります。
終演後、食堂インドの明かりが見えたので晩ごはん。
マトンのカレーはぬるかった・・・・・
by tenmorimori | 2014-03-09 23:34 | 祭り・イベント | Comments(3)
Commented by hiro-pinpin at 2014-03-10 13:20
以前、食堂インドで「ライタ(インドの有名なヨーグルトサラダ)ありますか?」って聞いたら灰皿とライターが運ばれて来ました。メニュー見て「典型的な北インド料理ですねって言ったら「インドに北も南もあるか」って言われました。それ以来この店に行っていません。
Commented by りんちゃん at 2014-03-10 14:15 x
ありゃー!!カレーはあちこーこーぢゃないとぉ
チンしてもらえばよかったね。。。
Commented by てんもり at 2014-03-10 18:54 x
>hiroさん、えらい対応ですね(笑)ボクも以前、2階建ての古民家で営業していたころに、んっ?と言うようなことがあって行ってませんでした。

>りんちゃん、多分ナンの焼き上がりとタイミングが合わなかったんだろうと思いますが、それならいっそのことチンしてくれた方が良かったです(笑)