ちゅらかじとがちまやぁ

鉄なべ餃子で〆る

眞を出てJ子と別れひとり中洲方面へ歩く。
冬にしては暖かいな。
出会い橋の鉄なべへ吸い込まれて餃子1人前とご飯とみそ汁。
b0049152_9335132.jpg
b0049152_9334764.jpg

熱々カリッカリの皮とジューシーな中身が鉄なべの醍醐味。うっめぇなぁ~~~~
20数年前、当時中洲の南新地のソープ街に店があった頃から通っている。
若かったボクはずっとうつむいて足早に店に急いだものだった、だって客引きのお姉さんたちがずらっと立ってたから恥ずかしかったのだ、こんなボクにもそんな純情な時代もあったのだ。
この餃子を食べると当時の狭かった店を必ず思い出す、そんな懐かしの味。
by tenmorimori | 2014-02-01 09:39 | 博多んモン | Comments(0)