ちゅらかじとがちまやぁ

新年の麺は実に滋味に

1月1日
実家に向かうために久しぶりにJRに乗る。
JR九州の車両はかっこいい。
b0049152_20242650.jpg
b0049152_20225868.jpg

博多駅でひるめしは大好きな「二葉亭」のちゃんぽん。
ずっと前からラーメンの麺を使ったちゃんぽんラーメンがメニューにあったが、新しくちゃんぽん麺を使った博多ちゃんぽんがメニューに加わっていた。
b0049152_20254333.jpg

二葉亭ではいつも麦飯。辛子高菜が相変わらず旨い。
b0049152_20262344.jpg


1月2日
八幡のブースカさんが付き合ってくれて、小倉の「永楽」で実に滋味溢れるクラッシックな豚骨ラーメン。
北九州のラーメンを知り尽くすブースカさんが足繁く通う店で、2日から営業しているのを確認して連れて行ってくれた。
お勧めに従ってやわ麺で注文。
b0049152_2030855.jpg

おおーーーっ!
博多では失われてしまった、一口目にクンと鼻に抜けるあの匂い。
子供の頃近所に有ったラーメン屋さんがまさにこんな匂いがしていた。
豚骨を炊く寸胴の真ん中に、純粋に豚骨から出る黄色い脂が浮かんでいて、ラーメンの仕上げにこの脂をちょろっとかけていた。
そんなクセのあるラーメンは次第に淘汰され、今では博多でも限られた店でしか味わうことが出来ない。
そして焼き飯、言う事なし!
b0049152_20334971.jpg

帰りの車中でこれまた博多では見かけなくなった古いタイプのお好み焼きの話をして、今度はお好み焼きを食べるぞっ!と心に誓うのであった。
夜、天神で飲み会の後、ナユちゃんを送っていく道中で「丸星ラーメン」に寄る。
ずっと昔から国道3号線沿いで営業している知らない人は居ない老舗ラーメン屋さん。
24時間豚骨を炊き続けている。
b0049152_20375116.jpg

いつもなら大きな四角い鍋に煮えているおでんも食べるのだが、深夜でもあり飲み会の後なのでラーメンのみ。
なんとも上品な丸星らしくない味で拍子抜け。もっと臭くて旨いのになぁ。
帰りに見ると、寸胴の豚骨をいつもかき回しているおじさんの姿がなかった、それでかなぁ。
by tenmorimori | 2014-01-07 20:43 | 博多んモン | Comments(3)
Commented by くまぽん at 2014-01-07 20:55 x
おめでとうございます。
「軍師官兵衛」で盛り上がっていることと思います
博多は山あり海ありで美味しい食べものの宝庫。
いつも、下調べしても行く度に迷う店ばかりです
自分は関東平野の海沿いの出身のため羨ましい限りです。
今年も美味しいお店、ご伝授の程、よろしくお願い致します。
Commented by okazaki001 at 2014-01-08 17:20
ここ神奈川県ですと御天(閉店済み)といって臭旨の博多らーめんを出すことで有名なお店があったのですけど、期待したほどには匂わず、なら博多に行くしかないな、とずっと考えていたのですが、そうですか本場のらーめんもおとなしくなっちゃっていますか。臭みも旨みのうちなんですけどね~。日本全体が妙にきれいきれいしているようで、僕としてはつまらないです。
Commented by tenmorimori at 2014-01-09 21:00
>くまぽんさん、明けましておめでとうございます。
考えてみると福岡って玄界灘、豊後水道、東シナ海と三方を海に囲まれ、南には熊本、西には佐賀平野と随分と恵まれた土地にありますね。そこで40数年過ごしたボクのがちまやぁぶりはさもありなんと言ったところでしょうか(笑)
本年もよろしくお願いします。

>okazaki001さん、博多のラーメンは言ってみればオシャレになり過ぎていて、そういう意味では惨憺たる状況です。
ボクらの年代のラーメン好きは北九州や佐賀、久留米に比較的多く残っている昔のラーメンを求めて足を延ばします。
でもどこも店主の高齢化が進んでいるんですよねぇ・・・・・