ちゅらかじとがちまやぁ

日帰り博多の思い出めし

10月11日は日帰りで福岡出張。
昼ごはんは、以前の職場から近くてよく通っていた「文化屋カレー」で、いつも食べる玉ねぎフライカレー辛口。
BGMはいつもジャズ。
でも聞いてる人は殆ど居ない、みんな漫画を読んでいる。
b0049152_1753246.jpg

あー、旨い。家で再現してもなかなかこんな風に揚がらないんよねぇ。

会議が終わり、飛行機まで時間があったので水天宮横町へ行く。
b0049152_17544535.jpg

トキハ。
b0049152_1756473.jpg

おこげみたい(笑)
b0049152_1757398.jpg

カウンターに座ると目の前に・・・・・
b0049152_17585815.jpg

ラーメンセット650円を注文。
ラーメンとご飯とおかずの小鉢が付いてくるお得なセット。今日の小鉢はシューマイ。
b0049152_1812578.jpg

そしてトキハのラーメン。
b0049152_1815784.jpg

豚骨ラーメンでは珍しい無化調、ラードも使われていない。
ここのラーメンを食べると、むかしむかし、ボクが小学校低学年の頃父親に連れられて食べていた豚骨ラーメンを思い出す。
西鉄春日原駅前に、今で言うアーケードがあった。もちろん全て木造。
そのアーケードに入ってすぐ右側に「天広軒」というラーメン屋さんがあって、ボクの記憶を辿ると人生初の豚骨ラーメンはこのラーメンだったと思う。
ガラガラと木造の引き戸を開けると、湯気の向こうにおばあさんが座っていて、注文をすると木の箱から麺を取り出し茹でる。
そして周りが醤油色に染まった煮豚を、これも木の小さなもろぶたから箸で摘んで茹であがった麺の上に丁寧に並べてそっと出される。
あの時に嗅いだラーメンの匂いと味がここにはあるのだ。
現在の豚骨ラーメンに慣れた舌には、味が薄いと感じる人も多いだろうがこれが博多ラーメンのルーツではないだろうか?
大好きなラーメンだ。
by tenmorimori | 2012-10-14 18:15 | 博多んモン | Comments(4)
Commented by おきゅーと at 2012-10-16 00:35 x
この路地に来ると、塩サバ定食も忘れられません。
あの厚い身と、脂の美味さと煙には魅かれます。
横コメで、失礼しました。
Commented by tenmorimori at 2012-10-16 18:11
看板がちらっと写ってますが「眞」ですね。
店を出るとしばらく、自分の匂いでご飯が食べられるくらいですよね(笑)
次、行ってみようかな。
Commented by 阿南 at 2012-10-17 15:46 x
はじめまして。てんもりさん。コメントさせていただきます。
天広軒(テルミナビル一階にある現店舗)とトキハ、両方食べた事のある私には相似形の味の記憶が重なって、非常に頷ける記事でした。透明感のあるあっさりとした純とんこつスープ、今では稀少になりましたね。
Commented by てんもり at 2012-10-17 20:54 x
阿南さま、初めまして。
共感して頂ける方が有り難いです。
今の天広軒、ボクは最近食べてませんが、昔の味を踏襲されてるんですかね、嬉しい事です。