ちゅらかじとがちまやぁ

麺処てぃあんだー

てぃあんだーとは「手のあぶら」と言う意味。
手のあぶらが付くほど手間ひまをかけて、料理を作ると言う、沖縄独特の言葉である。
那覇新都心の無印良品の裏にある、おしゃれなそば屋である。首里から移転してきて間もないようで、モダンな作りの店内。
まぁ、そんな事はどうでも良く、要はそばが旨ければいいのだ。
b0049152_1191746.jpg
数種類の無漂白の小麦粉をブレンドした生麺使用で、てんtoてんと同じく、釜揚げの沖縄そばである。運ばれて来たそばを見て旨いと確信した。
まず、プーンと匂いたつかつおの香り、最近はそばが来たときの匂いである程度判断がつくようになってきた。
首里そばと同じく、針生姜が予めトッピングされている。
丁寧にとられたスープだ、旨い。首里そばが味のエッジを立てているなら、ここはかつお、豚、昆布などのうまみが混ざり合った調和のスープである。
麺は釜揚げらしく、ややふわっとした表面と、噛むとぐいっと粘るこし、かみ込むと口の中は小麦の香りで満たされる。そこにかつお風味のスープをすする。旨いです。
てぃあんだーの名に恥じぬ、ていねいな沖縄そばである。

b0049152_11185970.jpg


この美人麺は数量限定、売り切れ仕舞いです。

那覇市天久1丁目6-10  098-861-1152
11:00~売り切れまで
月曜定休
by tenmorimori | 2004-11-24 10:57 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)