ちゅらかじとがちまやぁ

焼き鳥 鳥次(ちょうじ) oishii

J子セレクトの焼き鳥屋さん、鳥次(ちょうじ)ん?チョージ?choji・・・・(笑)
b0049152_20543148.jpg

なんでも、鳥を丸ごと仕入れて自店でさばくという。
焼き鳥のコース特上。9串で2200円を注文。特上になると普段食べられない珍しい部位が食べられるらしい。
人生の転機を迎えているJ子と焼き鳥を食べながらあんな話こんな話。
まずは刺し盛り(コース外)
b0049152_203862.jpg

レバー、ハツ、砂ずり、モモ肉の刺身、ささ身梅肉、真中はこぶ〆。
いやぁ~~~いきなり旨い!新鮮なだけでなく、鳥の部位に合わせた熟成を感じる。
突き出しのサラダ。
b0049152_2041413.jpg

さび焼きは、塩焼きで本わさびの香りを楽しめる。
b0049152_204213.jpg

砂ずり
b0049152_20421749.jpg

う玉(うずらの玉子)はタレで。
b0049152_2043361.jpg

軟骨付きのぼんちり。
b0049152_20434740.jpg

ねぎ巻き。
b0049152_20443326.jpg

待ってました!皮。焼き加減最高!山椒が相性抜群だ。
b0049152_20461993.jpg

そしていよいよ珍味。手前が腎臓、奥が食道。
腎臓はアンモニア臭が微かにあり、それが旨味を底上げしている。
食道はその食感が実にウマい。
b0049152_20484771.jpg

手前が心臓近くの動脈、奥が横隔膜、焼肉でいうところのサガリ。
これまた、こりこりさくさくした噛み応えで旨い。
b0049152_20503499.jpg

すっごいジューシーなつくねは、軟骨も混じった粗挽きなのだ。
b0049152_20511922.jpg

b0049152_20513673.jpg

以上でコースは終わり。
追加でハツ。
b0049152_20521096.jpg

みさきと呼ばれる軟骨なしのぼんちり。旨いなぁ実にうまい。
b0049152_20525654.jpg

そして皮がパリッパリで身がレアなきじ焼き。
b0049152_20533416.jpg

b0049152_20535051.jpg

「鶏そぼろ飯が旨いっすよ」とJ子がささやくので、うんじゃあ食ってみよう。
b0049152_20571438.jpg

b0049152_20573236.jpg

b0049152_2058866.jpg

うん!甘すぎない味付けが旨い。
お新香も鶏スープも旨い。J子には飯一粒、そぼろ一粒も分けてやらない(笑)
b0049152_20585019.jpg

b0049152_2059440.jpg

いやいや参りました。
鶏の素材に自信があるのか、塩焼き中心で鶏その物の旨さを味わえた。
まだまだ旨い店ってあるもんです。

焼き鳥 鳥次(ちょうじ)

福岡市中央区大手門1-8-14
092-715-4301
18:00-24:00
日曜休

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-09-25 20:29 | 博多んモン | Comments(2)
Commented by 野枝 at 2009-09-28 07:51 x
午専門店以来久し振りに思いました
「もう絶交!!てんもりさんと口きかない!!!」って(笑)
Commented by てんもり at 2009-09-28 19:21 x
えっ!絶交って・・・絶交されたら全身から血を流して死んでしまうアレですか?(“ともだち”か(笑))
絶好は堪忍してくだしゃい、牛でも豚でも鶏でも馬でも案内しますからぁ・・・・・・
でもそれにはまず博多に来てもらわんとねぇ(笑)